ファスナーの付け方

今日のソーイングトピックは、『ファスナーの付け方』です。

ファスナーの付け方

こういう裏地付きのファスナーポーチを例に説明します。

裏付きファスナーポーチ

1. まず、表地側になる布とファスナーを中表で縫い合わせます。

表地とファスナーを縫い合わせる

2. 縫う場所は、ファスナーのテープ部分にある2本のラインの間くらい。(よ~く見ると、テープ部分の「織り目」の方向が変わっているのが分かると思います。)

縫う場所

3. 具体的な長さでいうと、ファスナーの端から約6mmのところを縫います。

端から約6mmのところを縫う

4. その後、裏地側の布を中表で重ね、縫い合わせます。

表地と裏地を重ねて縫う

5. 縫う位置は、最初に縫った線のほんの少し内側。

縫う位置

6. これで片側にファスナーが付きました。(ここから先は、作るものによって工程が変わってくるので、とりあえず今回は片方だけで終了です。)

ファスナーついた

ファスナーの付け方、動画版はこちら。

ファスナーの付け方 – YouTube

小物作りに使えるソーイングテクニックのまとめ

フラットニットファスナーの付け方

薄くて軽いので、小物作りに向いているファスナーです。カラーバリエーションも豊富。

接着芯の貼り方

生地にハリを持たせる接着芯。アイロンでの貼り方を解説します。

アイロン定規の作り方

生地に折り目を付けるのに使います。アイロンの熱にも耐えるよう、厚紙で作ります。

ファスナーの端の処理(始末)

メタルファスナーの場合は、ファスナーテープに厚みがあるので、端を始末するのがオススメです。ポーチなどが作りやすくなります。

ファスナー端にタブをつける

ファスナーの端を外に出す時の始末の仕方です。ファスナー付きのトートバッグや、ワイヤーポーチを作る時に役立ちます。