はぎれdeテトラポーチ:作り方

今日の手作り作品は、『はぎれを組み合わせた三角ポーチ』です。

三角ポーチ

材料

外袋用の布2枚は、14cm×14cmの大きさ。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

外布
芯地

接着芯を貼ると、生地にハリが出て、ポーチが型崩れしにくくなります。

内袋用の布2枚も、14cm×14cm。(縫い代込み。)

内布

タブ用のテープか、リボンを1つ。(大きさ1cm×6cm)

タブ

ファスナーは、11cmのものが1本です。(ここでは樹脂製のフラットニットファスナーを使用します。)

ファスナー

ファスナーをつける

1. 外布とファスナーを中表で縫い合わせます。

外布とファスナーを縫う

2. 内布を中表で重ね、縫い合わせます。

外と内を重ねて縫う

フラットニットファスナーは、金属製のメタルファスナーと違い、薄くて柔らかいので、長さ調節も簡単。リンク先では、ハサミでカットして短くする方法と、フラットニットファスナーの付け方を解説してます。

3. 生地を折り返してアイロンをあて、縁にステッチを入れます。

アイロンをあてる
ステッチを入れる

4. 外布の上止め側に、2つ折りにしたタブを仮止めしておきます。

タブを仮止めする

5. ファスナーのもう片側も同様に仕立てます。

ファスナーのもう片方も同様に

6. 外布と内布、それぞれを中表に重ね、底になる部分を縫い合わせます。

底になる部分を縫い合わせる

7. 縫い代を割ります。

縫い代を割る

ポーチに仕立てる

1. ファスナー下止め側の外布と内布を重ね、縫い合わせます。

ファスナーの下止め側を縫う

2. 余分な縫い代をカットします。

余分な縫い代をカット

3. 外布と内布、それぞれを中表に重ね、上止め側を縫います。(返し口を5cmほどあけておく。)

上止め側を縫い合わせる

ファスナーをつけた部分は生地が分厚くなっているので、縫う時に注意が必要です。

4. 余分な縫い代をカットします。

余分な縫い代をカット

5. 縫い代を割り、返し口から表に返します。

表に返す

6. 返し口をとじて完成です。

返し口を閉じる
はぎれde三角ポーチ完成

この作品の動画版はこちら。

はぎれdeテトラポーチ:作り方 – YouTube