折り伏せ縫い(ソーイング用語&テクニック)

折り伏せ縫いは、縫い目が丈夫に仕上がる縫い方。 縫い代を包みこむ縫い方なので、裏からの見た目もスッキリ。アイロンがけをしっかりするとキレイに仕上がります。

折り伏せ縫い

折り伏せ縫いのやり方

布2枚を中表でミシンがけし、

布2枚
中表で重ねる
ミシンで縫う
中表縫い完了

その後、片方の縫い代を半分ほどにカットします。

縫い代の半分をカット
ハサミで縫い代を切る
縫い代カット完了

切って短くなった縫い代は、長い方の縫い代でくるみます。(アイロンを使って)

縫い代にアイロンをあてる
縫い代をくるんだもの

あとは、折り目をととのえて、2mm幅くらいのステッチをかければ、折り伏せ縫いの完成です。(ステッチは裏からかける)

アイロンをあて、折り目を落ち着かせる
仕上げステッチの位置
ミシンでステッチを入れる
折り伏せ縫い(裏側)
折り伏せ縫い(裏側)

表側はこんな感じ。最後にかけたステッチのラインが出ています。

表から見た折り伏せ縫い

『折り伏せ縫い』の動画版はこちら。

折り伏せ縫い(ソーイング用語&テクニック)- YouTube