ファスナーポーチ作りの注意点:脇

今日のソーイングトピックは、『ファスナーポーチ作りの注意点:脇』です。

ファスナーポーチ作りの注意点

「ファスナーポーチの脇」とはココのこと。

ファスナーポーチの脇

この部分、厚みによる段差があって縫いにくいんですよね。

段差

その厚み・段差を解消するツールがこれ。「布のテープ」です。

布のテープ

これを押さえの下に挟んで段差を少なくすれば、だいぶ縫いやすくなります。

テープのあり無し

テープの作り方

1. 布(大きさ5cm×20cm)の両端に1cmの折り目をつけます。

折り目をつける

折り目をつける時は、アイロン定規を使うのがオススメです。折り目がキッチリつきますし、仕上がりもきれいになります。

2. 中表で半分に折り、縫い合わせます。

縫い合わせる

3. 表に返し、縁にステッチを入れて完成です。

ステッチを入れる

ファスナー周辺は縫う時にズレやすいので、しつけ糸で仮止めしておきましょう。

ファスナー脇の縫い方

動画版はこちら。

ファスナーポーチ作りの注意点:脇 – YouTube