千鳥柄テトラポーチの作り方

千鳥柄のテトラポーチ

材料

外地用の布は、大きさが13cm×24cm。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

外地
接着芯

接着芯を貼ると、生地にハリが出て、ポーチが型崩れしにくくなります。

内地用の布も、13cm×24cm。(縫い代込み。)

内地

ファスナーは、10cmのものが1本です。

ファスナー

ファスナーは、両端のテープ部分を三角に折り、縫い止めておきます。

ファスナー端の処理
折って縫い止める
ファスナーの裏側

ファスナーの端は、ポーチの縫い代にかからないように折ります。端が縫い代の上に重なってしまうと、厚みが増して縫いにくいですし、仕上がった時の見た目にも影響します。

ファスナーをつける

1. 外地とファスナーを中表で縫い合わせます。

外地とファスナーの縫い合わせ

2. その後、内地を中表で重ね、縫い合わせます。

外と内を中表で重ねる
縫う

ポーチの出来映えを左右するファスナー付け。「付け方が分からない」とか、「ファスナーを縫うのが苦手」という方はこちらの記事をどうぞ。手順を具体的に説明してます。

3. 縫った生地を折り返し、縁にステッチを入れます。

布を折り返す
ステッチライン

4. ファスナーのもう片側も同様に仕立てます。

外地とファスナーを縫い合わせる
中地を重ねて縫う
ステッチを入れる

ポーチに仕立てる

1. ファスナー下止め側の外地と中地を重ね、縫い合わせます。

ファスナーを中心に、左が外地、右が中地
下止め側を縫う

2. 外地側と中地側に分け、それぞれを三角になるように折り、上止め側を縫います。(※返し口を5cmほどあけておく。)

上止め側も縫い合わせる
縫い合わせライン

ファスナーをつけた部分は生地が分厚くなっているので、縫う時に注意が必要です。

3. 縫い代を割り、返し口から表に返します。

縫い代を割る
表に返す

4. 返し口を縫い閉じれば完成です。

返し口を閉じる
三角ポーチ完成

この作品の動画版はこちら。

千鳥柄テトラポーチの作り方 – YouTube