袋縫い(ソーイング用語&テクニック) French seam (sewing terms and skills)

袋縫いは、布端の始末に使われる縫い方の一種で、薄い布や透ける布によく使います。 包み込むような縫い方なので、布端がほつれてきません。が、縫い代に厚みが出るので、厚地には不向きです。

French seam is suitable for thin and sheer fabrics. Don't come apart. But unsuitable for heavyweight fabrics.
袋縫い

袋縫いのやり方:Making of French seam

2枚の布を外表に重ね、端から3mmくらいのところを縫います。
(Lay 2 fabrics with right side out, and sew the 3mm line from the edge.)
布2枚 外表で重ねる

端から約3mmをミシンで縫う

端を縫ったもの 3mmラインのアップ

縫えたら、布を広げ、アイロンで縫い代を片側に倒し、
(Press the seam allowance towards the one side,…)
表を上にして布を広げる 縫い代を片倒しにする

布を中表に重ねます。
(and fold the fabric with right side together.)
布を中表に重ねる

それから、ミシンで出来上がり線を縫います。
(Then sew the finishing line.)
出来上がり線 ミシンで縫う 袋縫いしたもの

仕上げにアイロンを当てておくと、縫い代が落ち着きます。
(Press the seam allowance towards the one side, It's done.)
縫い代にアイロンをあてる 袋縫い:裏

袋縫い:表 袋縫い箇所のアップ

『袋縫い』の動画はこちら。(French seam movie is the following.)

袋縫い(ソーイング用語&テクニック) French seam (sewing terms and skills) - YouTube

<<落としミシン(ソーイング用語&テクニック) Concealed seam (sewing terms and skills)

捨てミシン(ソーイング用語&テクニック) Stay stitch (sewing terms and skills)>>