巾着付きトートバッグの作り方

今日の手作り作品は、『巾着付きのトートバッグ』です。

巾着付きトート

材料

外袋用は、20cm×30cmを2枚。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

外布

内袋用は、17.5cm×30cmを2枚。(縫い代込み。)

内布

巾着用は、18cm×32cmを2枚。(縫い代込み。)

巾着用布

口布用は、4.5cm×30cmを2枚。(縫い代込み。)

口布

持ち手は、2.5cm×29cmのものを2本。

持ち手

紐は、75cmのものを2本です。

紐

外袋を作る

1. 外袋用の布を中表に重ね、脇と底を縫います。

外布を縫い合わせる

2. 角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

隅の余分をカット
マチを縫う
袋部分が完成

3. 持ち手2本を仮止めします。

持ち手を仮止めする

4. 脇の縫い代の余分を少しカットしておきます。(入れ口から2.5cm分くらい)

脇の縫い代をカット

巾着部分を作る

1. 巾着布を中表に重ね、脇を「縫い代2cm」で縫います。(上から8cmは、紐通しになるので縫わない。)

巾着布を縫う

2. 縫い代を割った後、縫い代を内側へ折りこみ、ステッチを入れます。(割り伏せ縫い)

巾着の縫い代を始末する

3. あき止まりを縫い止めます。

あき止まりを縫う

4. 入れ口部分を三つ折りにして、ステッチを入れます。

三つ折り
キワをステッチ

3つ折りする時は、アイロン定規を使うのがオススメです。折り目をキッチリつけられますし、仕上がりもきれいになります。

内袋を作る

1. 内袋も、作り方は外袋と同様。布を中表に重ね、脇と底を縫います。

脇&底を縫う

2. 角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

内布の隅をカット
内袋のマチを作る

3. 口布を中表に重ねて脇を縫い、縫い代を割ります。

口布を縫う

4. 巾着部分と口布を中表で重ね、仮止めします。

巾着と口布を仮止め

5. 内袋と口布を中表で縫い合わせます。

内袋と口布を縫い合わせる

6. 縫い代を口布側にたおして、ステッチを入れます。

ステッチ

7. 脇の縫い代の余分を少しカットしておきます。(入れ口から2cm分くらい)

余分な縫い代をカット

トートバッグに仕上げる

1. 外袋と内袋を中表に重ね、入れ口をぐるっと一周縫い合わせます。(返し口を7cmほどあけておく。)

入れ口を縫う

2. 持ち手の仮止め糸を取り去ります。

持ち手の仮縫い糸をとる

3. 縫い代を割り、返し口から表に返します。

表に返す

4. 縫ったところにアイロンをあて、入れ口にステッチを入れます。

入れ口にステッチ

5. 仕上げのアイロンをあてて、巾着に紐を通し、完成です。

巾着に紐を通す

この作品の動画版はこちら。

巾着付きトートバッグの作り方 – YouTube