電車柄レッスンバッグの作り方

今日の手作り作品は、『電車柄のレッスンバッグ』です。

レッスンバッグ

材料

本体(外布)は、43cm×34.5cmのものを2枚。(縫い代込み。接着芯を貼っておく)

外布
芯地を貼る

本体(内布)は、43cm×68.2cmの大きさ。(縫い代込み)

内布

持ち手は、2.5cm×39cmのものを2本です。

持ち手

外袋を作る

外布を中表に重ね、脇と底を縫います。(角の部分は、後でカットするので縫わない。)

外布の縫いライン
外布を縫ったところ

縫ったら、角の部分をカットして、

隅をカットする
余分をカットしたところ

縫い代を割り、

縫い代を割る

マチを作ります。

まちを作る
マチの縫いライン
完成した外袋

中袋を作る

内布を中表で半分に折り、脇を縫います。(底から2.5cmは、後でマチにするので縫わない。)

内布を半分に折る
内布の縫いライン

縫ったら、外袋の時同様、角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

内布のカットする部分
マチを縫ってるところ
完成した中袋

持ち手をつけて仕上げる

外袋の入れ口に、持ち手を縫い付けます。

持ち手の縫いつけ位置
外袋についた持ち手

その後、外袋と中袋が中表になるよう重ね、入れ口を縫い合わせます。(返し口を8cmほどあけておく。)

外と中を中表に重ねる
入れ口の縫いライン
返し口をあけて縫ったところ

縫ったら表に返して、アイロンで形を整え、

表に返す
アイロンをあてて整える

入れ口にステッチをかければ完成です。

ステッチライン
レッスンバッグ完成

この作品の動画版はこちら。

電車柄レッスンバッグの作り方 – YouTube