マリントートバッグの作り方

今日の手作り作品は、『マリン柄のトートバッグ』です。

マリントート

材料

外袋用の布2枚は、32cm×45cmの大きさ。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

外布
芯地

接着芯を貼ると、生地にハリが出て、トートバッグが型崩れしにくくなります。

内袋用の布2枚は、31.5cm×44.5cm。(縫い代込み。)

内布

底の当て布は、20cm×45cm。(縫い代込み。)

当て布

持ち手は、2.5cm×48cmのものを2本です。

持ち手

外袋を作る

1. 外袋用の布の底を中表に縫い合わせ、縫い代を割ります。

外布の底を縫う
縫い代を割る

2. 底の当て布は、上下を1cm折り、その後袋に縫い付けます。

当て布
底布をぬいつける

生地を折ってから縫いつける場合は、折り目付けにアイロン定規を使うとよいです。寸法通りにキッチリ折ることができますし、仕上がりもきれいになります。

3. 外袋布を中表で半分に折り、脇を縫います。

外布を半分に折る
脇を縫う

4. 隅の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

マチの作り方
隅をカット
外布の脇と底をあわせる
マチの縫いライン
外袋のマチ

5. 持ち手2本を、外袋布に縫い付けます。

持ち手の付け位置
外袋完成

内袋を作る

1. 内袋も、作り方は外袋と同様。布を中表に重ね、脇と底を縫います。

脇&底を縫う

2. 角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

内袋のマチになる部分
縫い代を割る
マチ作成
マチの縫いライン
内袋完成

外と内をまとめ、仕上げる

1. 外袋と内袋を中表に重ね、入れ口をぐるっと一周縫い合わせます。(返し口を11cmほどあけておく。)

入れ口を縫い合わせる

2. 縫い代を割り、返し口から表に返します。

表に返す

3. 縫ったところにアイロンをあて、入れ口にステッチをかけます。

入れ口にアイロンをあてる
ステッチを入れる

4. 最後に仕上げのアイロンをあて、完成です。

マリントート完成

この作品の動画版はこちら。

マリントートバッグの作り方 – YouTube