手乗りトートバッグの作り方

今日のハンドメイド作品は、『手乗りサイズのトートバッグ』です。

手乗りのトートバッグ

材料

本体(外布)は、34cm×22cmの大きさ。(縫い代1cm込み。接着芯を貼っておく)

外布
裏に芯地を貼る

本体(内布)も、34cm×22cmの大きさ。(縫い代1cm込み)

内布

持ち手は、18cm×4.5cmのものを4枚。(縫い代1cm込み。片方に接着芯を貼っておく)

持ち手
持ち手裏にも接着芯

外袋を作る

布を中表で半分に折り、脇を縫います。(底から3cmは、後でカットするので縫わない。)

外布の縫い線

縫ったら、あけておいた部分をカットして縫い代を割り、まちを作ります。

まちを作る準備
縫い代を割る
まちの部分
まちの縫い線
まちを縫ったとこ

中袋を作る

中袋の作り方は、外袋とほぼ同じです。(違うのは、返し口を6cmほどあけておくところぐらい。)

中袋の仕立て
中袋のまち
仕上がった中袋

持ち手を作る

布を中表で縫い合わせ、縫い代を割ります。

持ち手布2枚
持ち手の縫い位置
持ち手の縫い代を割る

その後、両端から1cmづつ折り曲げ、さらに真ん中で折ったら、一周縫って持ち手にします。

両端から1cm折る
真ん中を折る
持ち手の縁を縫う
持ち手完成

各パーツをまとめて仕上げる

外袋と持ち手を中表に重ね、上から5mmの位置を縫います。

持ち手を本体に縫い付ける

縫えたら、外袋と中袋を中表に重ね、入れ口を一周縫います。

入れ口の縫いライン

その後、返し口から表に返し、返し口を閉じます。

表に返す
返し口をとじる

あとは、アイロンで形を整え、入れ口にステッチをかければ完成です。

アイロンをあてる
ステッチライン
手乗りトート完成

この作品の動画版はこちら。

手乗りトートバッグの作り方 – YouTube