ボーダー風巾着の作り方

今日のハンドメイド作品は、『ボーダー風巾着』です。

ボーダー風巾着

材料

使うのは、13.5cm×20cmの布4枚(緑)と、

緑の布4枚

20cm×7.5cmの布4枚(白)、

白の布4枚

あと、45cmの紐が2本です。

紐2本

本体布を作る

緑と白の布を中表に重ね、縁から2cmのところを縫います。(折り伏せ縫いにするので、白布は縁から1cmずらしておく。)

折り伏せ縫いのライン
縁から2cmを縫ったところ

縫ったら、緑の布の縫い代で、白い方の縫い代をくるみ、

緑の布の縫い代を折る
縫い代をくるんでいるところ

縁にステッチをかけます。(ステッチは裏からかける。)

ステッチライン
折り伏せ縫いの裏側
折り伏せ縫いの表側

同じ要領で、残りの生地も全て、折り伏せ縫いにします

折り伏せ縫いにした生地4枚

こうして出来上がった4枚の生地から、2枚を組み合わせて、また折り伏せ縫いをします。

2回目の折り伏せ縫い

すると、最終的にボーダー風模様の生地が2枚できます。これが巾着の本体になります。

ボーダー風生地2枚

巾着を仕立てる

まず、本体布2枚を中表に重ね、布の上下左右をチェック。(重ねる時は、白と緑の境目を合わせるようにする。)

布2枚を重ねる

布端を見て、ずれている部分があれば、切り揃えておきます。

布端のトリミング

ここまでできたら、縁にジグザグミシンをかけます。

ジグザグミシン

その後、布2枚を中表に重ね、脇を縫います。(上から7cmは、紐通し部分にするので縫わない。)

本体の縫いライン

縫った脇は、縫い代を割り、あき止まりまでを『コの字型』に縫います。

コの字に縫う

次は入れ口の処理。上端から1cm、2cmの順で折り、ステッチをかけます。

入れ口を折る
ステッチライン

あとは、紐を入れ口に通し、端で結べば出来上がりです。

紐を通す
ボーダー風巾着完成

ボーダー風巾着の作り方 – YouTube