肩紐付き水筒カバーの作り方

今日の手作り作品は、『肩紐付き水筒カバー』です。

水筒入れ

材料

外袋用の布2枚は、15cm×28.5cm。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

外布
芯地

接着芯を貼ると、生地にハリが出て、水筒カバーが型崩れしにくくなります。

内袋用の布2枚は、14.5cm×28cm。(縫い代込み。)

内布

タブ用のテープか、リボンを2つ。(大きさ1cm×6cm)

タブ

巾着用の布は、9cm×27cm。(縫い代込み。縁をジグザグミシンで縫っておく。)

巾着用の布

巾着用の紐40cmと、コードストッパーが1つ。

巾着用の紐と、コードストッパー

肩紐用の布2枚は、7cm×50cm。(縫い代込み、裏に接着芯を貼る。)

肩紐用布

肩紐用の紐50cmを2本と、コードストッパーが2つです。

ショルダー用の紐とコードストッパー

巾着部分を作る

1. 巾着用の布の両端を1cm幅で折り、ステッチを入れます。

布の両端を折ってステッチ

折り目をつける時は、アイロン定規を使うのがオススメです。折り目がキッチリつきますし、仕上がりもきれいになります。

2. 上端から1cm、2.5cmの幅で折り、ステッチを入れます。

紐通し部分を作る

外袋を作る

1. 外袋用の布を中表に重ね、脇と底を縫います。

外布を縫う

2. 角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

隅をカット
マチを縫う

3. 脇の縫い代の余分を少しカットしておきます。(入れ口から2.5cm分くらい)

脇の縫い代をカット

4. タブを仮止めします。

タブを仮止めする

5. 巾着部分を中表に重ね、仮止めします。

巾着部分を仮止めする

内袋を作る

1. 内袋用の布を中表に重ね、脇と底を縫います。(返し口を6cmほどあけておく。)

内布を縫う

2. 角の部分をカットして、縫い代を割り、マチを作ります。

内袋の隅をカット
マチを縫う

3. 脇の縫い代の余分を少しカットしておきます。(入れ口から2.5cm分くらい)

余分な縫い代をカット

水筒入れを仕立てる

1. 外袋と内袋を中表に重ね、入れ口をぐるっと一周縫い合わせます。

外と内を縫う

2. 縫い代を割り、返し口から表に返します。

表に返す

3. 返し口をとじます。

返し口をとじる

4. 入れ口にステッチを入れ、アイロンをあてて形を整えます。

入れ口にステッチ

肩紐を作る

1. 肩紐用の布に、紐を仮止めします。

紐を仮止めする

2. 肩紐用の布を中表で縫い合わせます。(返し口を7cmほどあけておく。)

肩紐用の布を縫う

3. 余分な縫い代をカットし、縫い代を割ります。

余分な縫い代をカット

4. 表に返し、縁にステッチを入れます。

縁にステッチ

5. 巾着部分に紐とストッパーを通し、本体と肩紐をつなげれば完成です。

水筒入れ完成

この作品の動画版はこちら。

肩紐付き水筒カバーの作り方 – YouTube