布ボールの作り方

今日の手作り作品は、『布で作ったボール』です。ボールの中に鈴を入れてあるので、赤ちゃんやペットのおもちゃに最適です。表面の布はガーゼ生地、中は手芸用の綿を詰めてあります。軽くて柔らかく、ガーゼの肌触りが気持ち良いので、是非作ってみて下さい。

出来上がりの大きさは、直径約9cmです。この布ボールはミシンを使って作りましたが、これぐらいの大きさなら、手縫いでも十分作れると思います。

布ボール

材料

使う布は、こちら。これを5枚分、用意します。(縫い代込み)

布ボール用生地

型紙はこちら。

布ボールの型紙

詰め綿は、25gくらい。今回作る布ボールや、クッションなどに入れる綿は、「手芸綿(手芸わた)」という名前で売られています。手芸屋さんだと、ぬいぐるみやクッション作りのコーナーに行けば、置いていると思います。

詰め綿

プラ鈴は、1個です。(赤ちゃん用のおもちゃなどに入っているプラスチック製の鈴です。これも手芸屋さんに行くと売っています。)

プラ鈴

布ボールの作り方

1. 布2枚を中表に縫い合わせます。(中表とは、布の表側同士を合わせて重ねることです。)

生地を中表で縫い合わせる

2. 縫い代に切り込みを入れ、縫い代を割ります。

縫い代に切り込みを入れる
縫い代を割る

3. 残りの布も同じ要領で縫い合わせます。

残りの布を縫いつなぐ

4. 最後の一辺を縫い合わせます。(返し口を5cmほど残す。)

返し口をあけて縫い合わせる

5. 返し口から表に返します。

布を引き出す
表に返す

6. 返し口から綿を詰め、プラ鈴を入れます。

綿と鈴を詰める

7. 返し口をとじます。これで布のボールが完成です。

布ボール完成

この作品の動画版はこちら。

布ボールの作り方 – YouTube