トート&バッグ

バッグ本体の大きさは、縦が約18cm、横が約20cmで、まち幅は約9cm。ショルダー部分は、幅4cm、長さ102cmです。

トート&バッグ

紺色の生地で縦長のトートバッグを作ってみました。大きさは、約45cm×27cm。まち幅は、約13cmです。

トート&バッグ

縦長の生地でワインバッグを作ってみました。…が、生地に芯地を貼ってなかったので、かなりフニャフニャ。でも、仕立てはわりとしっかりしたつもりなので、ワインの重みにはしっかり耐える…はず。

トート&バッグ

直線裁ちと真っ直ぐ縫いだけでできる、シンプルなトートバッグを作ってみました。バッグ本体は、中厚くらいの生成り生地で、持ち手&当て布は、緑色の無地です。

ソーイングの基本

布の角を始末する時に使うテクニック。角の継ぎ目がちょうど45度になるように、布同士をつき合わせます。布の厚みがそんなに分厚くならず、見た目もスッキリと仕上がります。

はぎれ

切り替えデザインのコースター。パーツは多いですが、直線縫いで作れるので、わりと簡単にできます。余ったはぎれで是非。

ソーイングの基本

布端のほつれ止めと、縫い代の押さえが同時にできる縫い方。スリットが入る部分などに使われることが多いです。

ソーイングの基本

何年も使い込んで、だいぶ年季が入ってきた我が家のアイロン台。表面の布がだいぶ焼けてきたので、張り替えてみました。

ソーイングの基本

縫い代端のほつれ止めに使うソーイングテク。左右の縫い代の折り幅と、最後に入れるステッチ幅が揃っていると、見た目がキレイです。

ソーイングの基本

縫い目が丈夫に仕上がる縫い方。縫い代を包みこむ縫い方なので、裏からの見た目もスッキリ。アイロンがけをしっかりするとキレイに仕上がります。