彫金製作で使う道具:掴む・曲げる・叩く・伸ばす

やっとこ

地金を掴んだり曲げたりする作業全般に使います。
やっとこ

先端の形がいろいろあって、平や口細、石留め、などなど。 欲しい形が無い時は、市販品を加工することもあります。

アンビル&金床

地金を槌で叩き延ばすのに使う台。大きさや形状はいろいろあります。
アンビル

木槌

地金を叩くための槌。
木槌

この槌は、指輪製作で主に活躍します。

指輪を作る際には、地金を芯金棒に沿わせ、輪にする必要があるのですが、 その時に叩く槌が金属製だと、地金が凸凹になってしまうので、こういう木の方が都合がいいのです。

<<彫金製作で使う道具:その2

彫金製作で使う道具:磨き・メンテ関連>>