ワックス製作でよく使う道具:基本編

ワックス

ロストワックス技法ではこれがないと始まりません。
ワックス各種

これらは、パラフィンという成分でできていて、質感はロウソクの蝋に似ています。 これを切削したり溶かしたりしながら造形。その後、鋳造(キャスト)すると、ワックスが金属に変換されます。

ワックスの種類は様々ですが、ハードとソフトに大別されます。 ハードワックスは適度に硬く強度もあるので、ヤスリや彫刻刀、スパチュラなどを使った造形に向いています。

ソフトワックスはシート状のものや粘土状、ペーストになったものなどがあります。

塊状のブロックワックスや、リングを作るのに適したチューブワックス、バングル作成用のワックスなどもあります。

ハードワックスとソフトワックスを組み合わせて作品を作ることもあります。 (両者の長所をうまく生かしながら作ることで、表情豊かな作品を作ることができる。)

リーマー

指輪製作に使う道具。これでチューブワックスの穴を削り広げ、内径を求めるサイズにしていきます。
リーマー

リーマーを使う場合は、穴の両側から交互に差し込み、満遍なく削るようにすると失敗が少ないです。 (片側だけから削ると偏りが出る。)

これを使って削る時は、サイズ棒でマメにリングサイズを測りながら削るようにしましょう。 (削れる量が意外と多く、気をつけながら削らないと、すぐに穴が大きくなってしまう。)

一度にたくさん削ろうとすると、削り跡がガタつくことがあるので、少しづつ。 チューブワックスの方も一緒に回しながら削ると、わりとうまくいきます。

リーマーはあると便利ですが、別になくても、ワックス内径を広げることはできます。 (ワックス用のヤスリや、木芯棒、耐水ペーパーなどを使って。)

スパチュラ

ワックス技法で使う、モデリング(造形)用のツールです。
スパチュラ

先端に刃が付いていて、その部分でワックスや銀粘土が削れるようになっています。

形状は様々で、耳かき型やL字型、長刀型などなど。

削るだけでなく、テクスチャー加工にも使えます。 (スパチュラの先端をアルコールランプで温め、それをロストワックスに押し付ける。)

最初は、いくつかのスパチュラがセットになっているものを購入するとよいでしょう。

スパチュラは買ったままだと刃がついていないので、自分で砥いで刃をつける必要があります。 (要領的には、包丁の刃を研ぐのと同じ感じ。)

製作に慣れてくると、市販のものでは物足りなくなってくるかと思うので、 その時は、ロット棒などから削り出して自分に合ったものを作りましょう。

彫刻刀

モデリング(造形)で大まかに形を出すのに使います。
彫刻刀

デザインナイフを使ってもいいんですが、 彫刻刀の方が刃に厚みがあり、コシが強いので、スピーディーに作業を行うことができます。

デザインナイフ

スパチュラや彫刻刀同様、造形に使います。
デザインナイフ

彫刻刀やカッターより刃が細く小回りが利くので、 ソフトワックスを切ったり、細部を削るのに都合がいいです。

ただ、「刃が細い=折れやすい」ということなので、扱いには気をつけましょう。 (作業中に落としたりすると、すぐ折れてしまう。)

先端の刃は、折れても取り換え可能です。

<<アクセサリー・宝飾製作に使う道具:計測・はかり系

ワックス製作でよく使う道具:熱加工関連>>