彫金製作で使う道具:彫り・留め関連

タガネ

これで地金の彫刻や打ち出し、切断、石留めなどを行います。形は棒状で、鉄(炭素鋼)で作られています。
タガネ

彫金用のタガネは、彫刻用の「彫りタガネ」と、打ち出し用の「出しタガネ」に大別されます。

タガネの元になる「株」というのを購入し、用途に合わせて加工して使い分けます。

青い印が付いているのが「青タガネ」で、材質はハイス鋼(軟鉄、ハイスピードスチール)

青タガネは、焼き入れはできませんが粘りがあります。

赤い印が付いているのは「赤タガネ」で、材質は炭素鋼。

赤は、焼き入れできて硬くなりますが、その反面、欠けやすいです。

タガネを使うと、エッジの利いたシャープな仕上がりとなります。

※焼き入れ

炭素鋼を赤熱し、水で急冷すると焼きが入って硬くなります。 赤タガネは、焼きが入った状態では硬く、削ったり加工することが出来ないので、 加工する場合は、焼き戻します。(再び赤熱→急冷することで焼きが戻る。)

刻印

これを使って、地金や指輪などに打刻します。
刻印

板地金に打刻する場合は「直」を、指輪の内側などに打刻する場合は「曲がり」の刻印を使います。

金槌を使って刻印を打ちつけますが、ブレないように刻印の根元をしっかり支えておいて下さい。

下に鉛の板などを敷いて滑らないようにしておくと打刻しやすいです。

リングに打刻する場合は、平らな所だとリングが変形するので、 リングのカーブに合った溝の上にセーム革(鹿革)などを敷き、その上で打刻するようにしましょう。

キレイに打刻するコツは、最初に上から真っ直ぐに打刻して当たりをつけておきます。 (形が変形しない程度に少し強めに。)

それから、刻印の端の文字もしっかり刻むために、少し刻印を左右に傾けながら2〜3回打刻します。

その時、刻印がズレて文字が二重にならないように注意して下さい。

刻印は、数字やアルファベットがセットになった既製品だけでなく、 自分だけのオリジナルなんつーのも作れたりします。

あと、タガネを使って自分で作るのに挑戦しても面白いですよ。

リングクランプ

主に石留めで活躍。リングをバイスや彫刻台に固定する時に使います。
リングクランプ

使い方は、リングの輪の部分にリングクランプを通して、両側に付属の金具を取り付けます。

そして、金具をバイスや彫刻台に載せて両側から締め付け、リングを動かないように固定。それから石留めをします。

固定する時は、あまり強く締めすぎないこと。(強い力がかかると、リングが変形したり、ロウ目が開いたりすることがある。)

クランプは、リングのサイズに合ったものを使いますが、 サイズが微妙な場合は、クランプにテープを巻いて調節します。

<<ユニクロのヒートテックインナーが当たった。

山崎蒸溜所からウイスキーをいただきました。>>