最初に揃えておきたい道具:宝飾製作全般編

ジュエリー製作というのは様々なやり方や技法があって、それぞれで使う道具が少しづつ違います。 が、どのやり方でも使われる「使用頻度の高い道具」というのはあります。

このページでは、そういう全般的に使うような道具類を、初心者向けに紹介します。 迷った時は、以下を参考にしていただければ幸いです。

必要な道具のリスト

宝飾製作は、材料を切ったり削ったりして作るのが基本ですから、 糸鋸と鋸刃のセット、そしてヤスリは必須ですね。

あと、製作台に「すり板」というものを取り付ければ、細かい作業もしやすいです。

仕上げや磨き作業は、耐水ペーパーを使います。

広くて平らな面をキッチリ仕上げたい時には、 耐水ペーパーをペーパースティックなどに両面テープで貼り付けると作業がしやすいです。

仕上げの最後に使うのは、研磨材の入った宝飾用磨き布か、 ウィノールをつけたセーム(鹿革)。 これで擦れば表面にツヤが出ます。

より光沢のある仕上がりにしたい場合は、磨きヘラという金属棒を使って表面を磨きます。

製作では細かい作業をすることが多いので、 細部までよく見るためのルーペがあると便利ですね。

手でつかめないような細かい材料とか、小さいドリル刃などは、ピンバイスにセットして作業します。

細かいパーツや、バーナーで熱した地金を挟むのはピンセットで。 小さいものを掴みやすい短めのピンセットと、熱い地金などを挟める長いピンセット、2種類あればよいでしょう。

「細かい=ミリ単位」での作業となりますので、寸法をキッチリと測ることができるノギスもいりますね。

地金の板や、ロストワックスの表面にデザインを描いたり線を引くのはケガキで。

物差し(スケール)は、15cmぐらいのスチール製のものがあるとよいでしょう。

リングのサイズは、リングゲージで測ります。

刃物系の道具は、買った時には刃がついていないことが多いですし、 使っているうちに刃先の切れ味が悪くなってくるので、 砥石を使って砥ぐとよいでしょう。

あと、最初は必要ではないかもしれませんが、慣れてきたら、 リューターの購入を検討してみてください。

これは電動工具で、パワーもそこそこあるので、効率的に作業を進めることができます。

先端につけるポイントは様々な種類があるので、 作りたいアイテムに応じて少しづつ揃えていけばよいでしょう。

かなりザックリした感じですが、最初はこのあたりの道具から揃えるのが妥当かなと思います。

<<ロストワックス技法で使う道具

ジュエリーやアクセ、自分で作ってみない? - 手作りジュエリー最初の一歩。>>