ロストワックス技法で使う道具

ロストワックス

このページでは、ロストワックス技法で使う道具について、簡単に解説したいと思います。

この技法では、蝋のような材質でできた「ワックス」という材料を使うのですが、 そのワックスには色々な種類があります。

まず、「ハード」と「ソフト」に大別できて、 リング作成用の長い「チューブワックス」とか、 塊の「ブロックワックス」などはハードタイプに分類できます。

ソフトの方は、シート状をしていて、手で容易に曲げられるくらい、とても柔らかいです。

ハード系のチューブやブロックは、彫金用の糸鋸では切りにくいので、目詰まりしにくいワックス用の鋸刃を使うことが多いです。

ワックスの造形には、ヤスリや彫刻刀デザインナイフスパチュラなどを使います。

リングを作る場合は、チューブワックスの内径を削ってサイズを拡げる必要があるので、 ワックス用のリングリーマーがあれば便利でしょう。

リングの造形では、金属でできた芯金棒よりも、 木で作られている木芯棒を使うことが多いですね。 木だと軽いので、細かい作業もしやすいです。

ワックスを削ると削り粉が沢山出るので、それを払うのに 化粧用のメイクブラシがあると便利です。 歯ブラシなどでもいいですが、毛先が硬いとワックスの表面を傷つけることがあるので注意しましょう。

ワックスを熱してとかすのにはアルコールランプを使います。 燃料用のアルコールは薬局へ行くと売ってます。

ワックスをジュエリーにするには、鋳造(キャスト)をする必要があります。

鋳造は、ワックス全体の厚みを均一にしておいた方が、失敗も少なくキレイに仕上がるので、 見えない部分や余計なワックスをスパチュラなどで削り取っておきます。(これを裏抜きという。)

裏抜きに慣れると、ワックスの色の濃淡でどれくらいの厚みがあるか分かるようになりますが、 最初のうちはスプリングゲージで測りながら作業をするのが確実です。

スプリングゲージは先端が丸くなったワックス用のものがあります。

ワックスを鋳造する前に、およそどれくらいの重さになるのかを計算するのに、 軽いものでも正確に量れる小型のハカリ(計量機)があれば便利ですね。

宝飾製作に必要な道具:ロストワックス編は、以上のような感じです。

<<純銀粘土(PMC3)に関する本

最初に揃えておきたい道具:宝飾製作全般編>>