アートクレイシルバーに関する本

アートクレイシルバーによる純銀アクセサリー

作り方を解説したシルバーアクセサリーのサンプルは全部で16個です。 道具や材料の説明についてはそんなにページを割いていないので、多少経験がある人向けかな?

作り方の解説は写真付きで、そんなに難しいテクニックを使っているわけでもないので、 不自由さを感じるほどではありませんが、もう少し突っ込んだ説明が欲しいところ。

アーティスティックで個性的な作品が中心なので好みが分かれるかもしれません。 リングやイヤリング、ブローチなどもありますが、11のサンプルがペンダントとなっています。

石や七宝、銅パイプなどをアートクレイシルバーと組み合わせているところが面白いですし、技法や作り方についても参考になりそうな部分が多いように思います。

アートクレイシルバーによる純銀アクセサリーをアマゾンで買う

アートクレイシルバーとプレモのアクセサリー

プレモというのは焼成すると硬くなる樹脂粘土のことで、 これとアートクレイシルバーを組み合わせてアクセサリーを作っています。

サンプルはトンボ玉風、天然石風、マーブル模様のプレモなどを使ったものなど。形やデザインはシンプルで女性的なものが多いです。

アートクレイシルバー&プレモの基本(道具や焼成、プレモの混色の仕方など)についても解説しています。

基本的にアートクレイシルバー+プレモという組み合わせのサンプルしか掲載されていないので、 他の素材(天然石や七宝など)を使ったアイテムを作りたいという人や、アートクレイシルバー単体で作りたいという人には少し厳しいかもしれません。

プレモの見た目の質感がちょっとオモチャっぽいので、その辺も好みが分かれそう。 でもまあ、そういうポップなアクセサリーが好きな人にはいいかもしれませんね。

プレモの混色テクで、モノトーンや渋い感じの色を作り、それをポイント的に使えば、 男性でもイケる…かな?

アートクレイシルバーとプレモのアクセサリーをアマゾンで買う

アートクレイシルバーによる銀モノづくり

シルバーアクセサリーのサンプルを全部で6つ掲載。 リングとペンダントトップ、ブレスレットがそれぞれ2つづつです。 デザインは、巷によくある男性向けのカジュアルなものとなっています。

他素材を組み合わせたサンプルが無く、バリエーションに乏しいので、 色々なタイプのものを作りたい人には少し物足りないかもしれません。

道具や焼成に関する解説が巻末の4ページしかないのに加えて、 サンプルの作り方を解説したページでもフォローが少し足らない印象を受けたので、 初心者やこれから始めるという人は、他の本でまず基本を身につけるとよいでしょう。

アートクレイシルバーによる銀モノづくりをアマゾンで買う

<<秋の京都で萩めぐりのはずが…

「アートクレイシルバーで作る純銀製のアクセサリー」シリーズ4冊>>