サイノメ:手作りアクセサリーの話題

アクセサリー作りで使う道具:あると便利系

綿棒&楊枝&針=「主にワックス製作で使用」、化学反応型接着剤=「強度の弱い石を留めるのに使う」、 瞬間接着剤=「仮止めに便利」、防塵具=「埃&屑対策」、両面テープ=「地味だけど便利な道具」

彫金製作で使う道具:磨き・メンテ関連

磨き布=「宝飾品の艶出しに使う布」、ウィノール=「ペースト状の研磨剤」、砥石=「刃物系道具の砥ぎに使う」、 ダイヤブリック=「砥石の一種」、銀燻し液=「燻し仕上げに使う液」、超音波洗浄器=「超音波振動で汚れを落とす」、 シルバークリーナ=「銀製品の黒変を取り除く液」

彫金製作で使う道具:掴む・曲げる・叩く・伸ばす

やっとこ=「地金を掴む道具」、アンビル&金床=「この上で地金を叩き伸ばす」、木槌=「地金を傷つけずに叩くための道具」

彫金製作で使う道具:その2

ロウ=「貴金属のロウ付けに欠かせない材料」、金冠ばさみ=「ロウ材や薄い地金を切るためのはさみ」、ヘラ=「鏡面仕上げの時に使う金属棒」

彫金製作で使う道具:彫り・留め関連

タガネ=「地金の彫刻や、打ち出しなどに使う道具」、刻印=「これを使って、地金や指輪などに打刻する」、リングクランプ=「主に、石留めで活躍す道具」

彫金製作で使う道具:その1

バーナー=「ロウ付け&なまし&溶解に使う」、カラゲ線=「パーツを固定する鉄線」、 ピンセット=「ステン製の彫金用や、竹製のワックス用など様々」

ワックス製作でよく使う道具:熱加工関連

ワックスは熱加工もできる素材なので、アルコールランプがあると便利です。

ワックス製作でよく使う道具:基本編

ワックスや、リーマー、スパチュラなど、ロストワックス技法でよく使う道具いろいろ。

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:計測・はかり系

リングゲージ=「指のサイズを測る道具」、スケール=「物差しのこと」、ノギス=「細かい寸法を正確に測れる」、 スプリングゲージ=「スケール・ノギスでは測れない場所の厚みなどを測る」、デジタルはかり=「地金・ワックスなどの重さを測る」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:バイス&ブラシ

バイス・万力=「主に材料の固定に使う」、ピンバイス=「小さい道具・材料の固定用」、 ブラシ=「メイク用、スチール、歯ブラシなど、各種揃えておくと便利」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:電動工具

リューター=「切削・研磨作業を効率化できる電動工具」、 リューターポイント=「リューターに取り付ける先端工具。ビットともいう。」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:基本編その4

耐水ペーパー=「ワックス・地金の研磨に使う」、ペーパースティック=「耐水ペーパーを貼り付ける棒」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:基本編その3

芯金棒=「指輪の作成に必要」、木芯棒=「主にワックス造形に使う」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:基本編その2

鋸刃=「地金・ワックス切断に使う」、糸鋸フレーム=「鋸刃を取り付けるためのフレーム」

アクセサリー・宝飾製作に使う道具:基本編その1

すり板=「製作用の加工台」、ルーペ=「作品の細かい部分を見るのに必要」、ケガキ=「地金やロストワックスに線を描く道具」、ヤスリ=「削り作業に欠かせない基本道具」

鏡面仕上げのやり方

貴金属で作ったアクセサリーを鏡面仕上げにすると、表面に光沢が出ます。そのやり方を解説します。自作アクセサリーをピカピカに磨き上げて、ワンランク上の仕上がりを目指しましょう。

ジュエリーやアクセ、自分で作ってみない? - 手作りジュエリー最初の一歩。

「これから宝飾製作を始めたい」という人へ向けての簡単なガイド。 ここを読めば、それぞれの技法(銀粘土、彫金、ワックス)の違いや、メリット・デメリットなどが一通り分かるようになっていますので、良ければ参考にしてみて下さい。

最初に揃えておきたい道具:宝飾製作全般編

ジュエリー作り全般に必要な道具を、独断と偏見で選んでみました。宝飾技法というのは、彫金を始めとして、ロストワックスや銀粘土などいろいろありますが、ここに載ってる道具があれば、とりあえずどのやり方でも対応できると思います。

ロストワックス技法で使う道具

ロストワックス技法に必要な道具について。ロストワックスとは、鋳造を利用した技法で、「ワックス」といわれる材料を使って製作を進めていきます。ワックスは蝋のような材質でできており、形を作るのが比較的容易なのが特徴です。

純銀粘土(PMC3)に関する本

ここではPMC関連の本を5冊紹介。PMCとは、三菱マテリアルが発売している純銀粘土で、Precious Metal Clay(貴金属粘土)の略。相田化学工業のアートクレイシルバー同様、粘土細工感覚でアクセサリーが作れるのが特徴です。

純銀粘土と鍛金に関する本

このページで紹介するのは、純銀粘土の解説本2冊(シルバーアクセサリーテクニックブック&純銀アクセサリー)と、鍛金の解説本1冊。鍛金(たんきん)とは、貴金属の板などを叩きながら形にしていく技法です。

彫金技法と彫り留めに関する本

彫金は、古くからある伝統的な宝飾技法で、主に、貴金属の板材・角材を切削したり曲げたりしながら作っていきます。ジュエリーを本格的に作りたい人や、凝ったアクセサリーを作成したい人にオススメの技法です。彫金をマスターすれば作品の幅も広がりますよ。

ロストワックス技法についての本

このページで紹介するのは、「ワックスモデリングの基本」と、「ワックスモデリングの実際」。この2冊を読めば、ワックス技法の基礎的なことについては理解できると思います。

彫金技法で使う道具

彫金に必要な道具について。彫金とは、貴金属を切削したり曲げたりしてジュエリーを作っていく技法のこと。技術レベルが一定に達するまで少し時間はかかりますが、その分、やり甲斐があります。職人気質の方にオススメ。

ジュエリーの製作・デザインに関する本

このページでは、宝飾製作に関する本を4冊紹介します。どの本も、製作技術の習得には欠かせないものなので、ジュエリー作りを勉強したい方は読んでおくとよいですよ。

「アートクレイシルバーで作る純銀製のアクセサリー」シリーズ4冊

日本ヴォーグ社が発行している「アートクレイシルバーで作る純銀製のアクセサリー」シリーズ4冊を集めました。レベル別に分かれていて、アートクレイシルバー未経験者から上級者までをフォローするような内容になっています。

アートクレイシルバーに関する本

手軽さがウリの銀粘土「アートクレイシルバー」に関する本3冊。アートクレイは、粘土細工をするようにシルバーアクセサリーが作れるので、男女問わず、幅広い年齢層の人に親しまれています。