普通のフライパンとラップとレンジで作る、厚焼き風のダシ巻き玉子

今日はお弁当に玉子焼きを入れたかったので、自分で作ってみました。
ダシ巻き玉子

お弁当に入れるような厚焼き玉子って、四角い玉子焼き器があれば作りやすいんでしょうけど、 我が家にはごく普通のフライパンしかないんすわ^^;

うちの母なんかは、さすが、何十年も家族の食事を作ってるだけあって、 普通のフライパンでも、難なく厚焼き玉子を作ってくれるのですが、私にはムリ^^;

なので、フライパン+ラップ+レンジをうまいこと活用して作ることにしやした。

普通のフライパンでも作れる厚焼き玉子

厚焼きにする卵は2個分。私はネギ入りのが好きなので、刻みネギも一緒に入れちゃいます。
手鍋に卵を割り入れる 卵と一緒にネギも投入

味付けは麺つゆで。量は、大さじ1杯弱くらいですかね。
玉子焼きの味付けは麺つゆ

味付けが済んだら、割り入れた卵をかき混ぜ…
鍋の中身を混ぜて溶き卵にする

それを、よく熱したフライパンにダーっと注ぎ込みます。
熱したフライパンに溶いた卵を投入

このまま焼いてしまうと「厚焼き」ではなくなってしまうので、 箸で少しかき混ぜつつ、卵をフライパンの中央に集めます。 (重要事項:卵は半熟状態を維持すること。 ここで焼き固まってしまうと、この後ラップで巻いた時に形が作れず、厚焼きにならない。)
入れた卵を箸でかきまぜる 卵をフライパンの中央に集める

普通の大きさのフライパンで卵2個だと、結構すぐに固まりはじめるので、作業は手早くやるべし。

集めた玉子は、二重に重ねたラップの上に乗っけて、厚焼きっぽい形に丸めていく…
半熟焼きの玉子をラップに乗せる ラップを丸めて玉子をまとめる 棒状になった玉子焼き

…んですが、
卵が柔らかくて、なかなか形が定まらない…

思った以上に玉子が柔らかく、形がなかなかまとまらないので、ラップをもう一枚重ねます。
巻いたラップの外側にもう一枚ラップを重ねる 手前から奥に向かってラップを巻く ラップに巻いた玉子焼き

丸めた玉子は、お皿に乗せてレンジへ。
ラップに巻いた玉子焼きはレンジへ

加熱時間は10秒くらいでいいんじゃないかな。 (今回はちょっと加熱しすぎました^^;熱の入れ加減がよく分からず、残り物とかお惣菜を温める感覚でやったら、ラップがパンパンで破裂寸前…^^;なので、楊枝で穴を開けて空気を抜きました。)
レンジ加熱した玉子焼き ラップに穴をあけて、空気を抜く

そのまましばらく放置して、熱が冷めたら、ラップを開いて中身を取り出します。
冷めたら中の玉子焼きを取り出す

で、出来た玉子焼きがこちら。形がちょっとアレですが^^;、厚みはそこそこ出てるでしょ? 出来上がった厚焼き玉子

あとは、一口サイズに切り分けてお弁当箱へ。
厚焼き玉子を輪切りにしてるとこ 出し巻き玉子入りのお弁当

ま、初回にしては上出来?なのではないでしょーか^^;回数重ねれば、もうちょっと上手くできるようになる…かな?

<<お惣菜の照り焼きチキンと、市販の生地ですぐ作れる『テリヤキピザ』&ダシ付き、戻し不要の高野豆腐で簡単煮物。

さっぱりした味わいで食べやすい『鶏ミンチの揚げ団子(えのき入り)』>>