ピーマン&椎茸のコーン詰めと、焼きコロッケ風のコーンかぼちゃコロッケ。

今日は、コーン缶を使って、お弁当のおかずを2品作ってみました。 『ピーマンと椎茸のコーン詰め』と、『焼きコロッケ風のコーンコロッケ』です。
コーン詰めと、コーンコロッケ

『ピーマンと椎茸のコーン詰め』&『焼きコロッケ風のコーンかぼちゃコロッケ』:作り方

コーンのつなぎにするカボチャは、1/4カットのものをさらに半分に分け、1/8カットにしたものを使います。
かぼちゃ1/4 1/8カットにする

切ったカボチャは、ワタと種のところをくり抜いてから、皮をそぎ、ブロック状に切り分けておきます。 (カボチャはこのあと加熱して潰すので、ブロックに切る際は小さめの方が良いかと。)
カボチャのワタと種をとる カボチャの外皮をそぐ ブロックに切り分けたカボチャ

加熱は電子レンジで。コーン缶に入っている汁も一緒に加えてからラップをかけ、約3分ほどチンします。
カボチャブロックにコーン汁を加える お皿にラップをしてレンジでチン

お次は、ベーコンと椎茸。ベーコンはカボチャの中に混ぜ込む具にするので、細かく切っておきます。
ベーコン

椎茸は、軸のところだけ切り離して細かく刻みます。(カサはコーン詰めに使うので、とっておきましょう。)
コーン詰めに使う椎茸 軸を細かく切る

刻んだベーコンと椎茸の軸は、缶詰のコーンとともにフライパンで炒めます。 今日の炒め油は、ガーリックオイル。ステーキ肉のおまけか何かでついてたやつっす。
ガーリックオイル

炒めるのは、ベーコンと椎茸の軸から。
フライパンにベーコンと椎茸の軸を入れる 中火で炒める

油と具が馴染んだら、そこにコーン1缶分(160g)を投入し、塩とスパイスで味付けしておきます。
フライパンにコーン投入 塩 とび辛スパイス

レンジで加熱したカボチャの方は、フォークの背でつぶしてマッシュに。
レンジでチンして柔らかくなったカボチャ 潰してマッシュにします

先ほど炒めたベーコンやコーンなどもここに加え、まんべんなく混ぜ合わせたら、詰めダネは完成っす。
潰したカボチャにコーンを混ぜ合わせる コーン詰めのタネ

できたタネは、椎茸のカサと、種を取り除いたピーマン(中に片栗粉をまぶしてある)に詰めます。
椎茸のカサにタネを詰める ピーマンは種を取った後、片栗粉をまぶす ピーマンにコーン入りのタネを詰めてるところ

あとはガスコンロのグリルで焼き目をつければ、コーン詰めの出来上がり〜。
ガスグリルでコーン詰めを焼く 出来上がったコーン詰め

詰めきらなくて余ったタネは、ラップに包んで丸めた後、空焼きにしたパン粉をまぶして焼きコロッケ風に。
コーン詰めの余ったタネ ラップに包む 丸めて形を作る パン粉をまぶす 焼きコロッケ風のコーンコロッケ

以上、コーン尽くしのお弁当おかずでした〜。

<<見た目はそのまんますき焼きだけど、母的には「これはぜんまいがメインやから、すき焼き風」という認識のぜんまい煮込み

外はサクッと、中はふっくらな揚げ豆腐。>>