きんぴらごぼう弁当

今日は、新ゴボウで作ったきんぴらを入れてみました。 麺つゆやカレー粉、とび辛スパイスなどでピリ辛に仕上げたつもりだったんですが、ちと味が薄い…。 なので、濃いめのきんぴらが好きな方は、調味料の分量を増やして作ってみてくらはい。
ピリ辛風味のきんぴらごぼう

カレー風味のきんぴらゴボウ:作り方

材料

1:割り箸くらいの太さに切ったゴボウを、フライパンで茹でる。水の量は、ゴボウがひたひたに浸かるぐらい。 茹で時間は15分前後です。
切ったゴボウをフライパンで茹でる

2:ゴボウがやわらかくなったら一旦火をとめて、余分な茹で汁を捨てます。

3:フライパンに大さじ一杯程度のごま油を入れ、ゴボウを炒めます。
茹でてやわらかくなったゴボウを、ごま油で炒める

4:しばらく炒めて、ゴボウの表面が乾いた感じになってきたら、めんつゆ、カレー粉などの調味料を加えます。

5:ゴボウにうっすら焦げ目がついて、カレー粉の香りが立ってきたら出来上がりです。 太切りにしたゴボウが美味そう〜。
カレー風味のきんぴらゴボウ

きんぴらごぼう以外のおかず

今日の手作りお弁当はこんな感じ。高菜パスタやゆで卵、焼きシイタケ、野菜炒めなどが入っとります。
きんぴらゴボウ弁当

あ、そうそう、私の弁当箱ですが、小さいのだと物足りないので、以前使っていたものに戻しました。 お昼はやっぱこれぐらいの量食べないと、夕飯まで持たないっすね。我慢のし過ぎは、カラダに良くないっす^^;

<<春巻き弁当

しめじ・菜の花・クルミの長芋焼き>>