お弁当に「ゴボウのかりんとう」を入れてみた。

今日はお弁当におやつを入れてみました。生地にゴボウを練り込んだかりんとうです。 中にすりおろしたゴボウが入ってます。かりんとうの表面に絡める飴は、大学芋用のタレを使いました。
ごぼうが入ったかりんとう

ゴボウ入りかりんとうの作り方

材料

1:ゴボウをすりおろします。ゴボウって、おろし金でゴシゴシ擦ると、こんなふうになるんですね。 ゴボウの繊維が、ほぐれた糸みたいに見えます。
ごぼうのすりおろし

2:ゴボウをおろし器からボウルに移し、そこへ小麦粉100g、サラダ油大さじ1、重曹小さじ1を加えます。 重曹が無い場合は、ベーキングパウダーを入れてください。
ゴボウや小麦粉などをボウルに入れる

3:ボウルの中身をこねてまとめます。耳たぶよりすこしやわらかいぐらいになればOKです。 出来上がった生地は、5mmくらいの厚さに伸ばしておきます。
かりんとうの生地

4:生地をラップで包み、冷蔵庫でねかします。

5:ねかし終わった生地を冷蔵庫から取り出し、適当な大きさに切り分けます。 かりんとうっぽくするため、生地をねじってみました^^
板状に切り分けた生地 ひねりを加えたかりんとうの生地

6:できあがった生地を、低い温度の油(160℃くらい)でじっくり揚げます。

7:かりんとうの表面にかける飴を用意します。 キッチンのストックをのぞいたら、「大学芋のタレ」っつーのが残ってたので、これを使いましょう。 カボチャとか白玉団子にかけても美味しい便利調味料っす。
大学いものたれ

8:油で揚げた生地に絡めてみました。なんか見た目が鶏の竜田揚げっぽいっすけど、一応かりんとうです^^; このタレ、粘度がけっこう高いから絡めづらいっすね。かりんとうの表面がちょっとムラになっちゃいました。
ゴボウ入りのかりんとう

今日のおかず

おかずは、夕飯の残りの天ぷらと、焼いたお肉を詰めました。 ブロッコリーとかサツマイモ、舞茸の天ぷらって美味しいっすよね〜。 晩御飯が天ぷらだとテンション上るわ〜^^
天ぷらと焼肉

今日のお弁当は、おかずが天ぷらと焼肉で、おやつがかりんとうか〜。揚げ物ばっかりっすねぇ。カロリーかなり高そう^^;
かりんとうと今日のおかず

<<自然薯お好み焼き弁当

偏食弁当>>