自然薯お好み焼き弁当

今日のお弁当には、自然薯で作ったお好み焼きが入っとります。生地は自然薯100%。
自然薯のお好み焼き

作る前は、普通のお好み焼きみたいに、小麦粉と卵を入れた生地にしようと思ってたんですが、 すりおろした自然薯の粘りがスゴかったんで、粉とか卵は入れず、自然薯だけの生地で焼くことにしました。 粘る粘るとは聞いてたけど、ここまで粘るとは。自然薯のネバネバパワー、ハンパねぇっす。

塩気のあるミニステーキが具として入ってるので、何もつけなくても十分イケます。お酒のおつまみとしてもアリですね、これは。 普通のお好み焼きとはまた違った食感が楽しめる、ユニークな一品です。

わりと気に入ったんで、もう一回くらい作りたいけど、自然薯って身近にはあんまり売ってないんすよねぇ。 売ってても結構イイ値段するから、気軽には買えないっす^^; 次、自然薯が手に入った時は、違った具を入れて焼いてみたいな〜。

自然薯のお好み焼き:作り方

材料

1:洗って皮をむいた自然薯を、おろし金ですりおろします。
生の自然薯 すりおろした自然薯

2:お好み焼きに入れる具を用意します。 今回は、椎茸の軸やオクラ、ミニステーキ、冷凍むきえび、ニンニクなどを使うことにしました。 用意した具は、生地に混ぜやすい大きさに切っておきます。
お好み焼きの生地に入れる具材

3:フライパンを火にかけ、具を炒めます。まずは、ミニステーキとニンニクから。
さいの目に切ったミニステーキと、みじん切りにしたニンニク

4:ニンニクとミニステーキが色づいてきたら、残りの具材をフライパンに入れます。
オクラやむきえびなどをフライパンで炒める

5:炒めた具を、自然薯が入ったボウルに移し、箸でグルグルかき混ぜます。 自然薯お好み焼きの生地はこれで完成。あとはフライパンで焼くだけっす。
自然薯お好み焼きの生地

6:フライパンに大さじ1杯程度のゴマ油を敷き、そこに具入りの自然薯生地を広げます。
フライパンの上に広げた自然薯生地

7:片面がこんな感じにこんがり焼き上がったら、裏返してもう片面にも火を通します。
自然薯お好み焼き

しばらく焼いて、引っくり返した面がパリッとした感じになったら出来上がりっす。 火加減や焼き時間は、お好みで調節して下さい。 小麦粉とか卵とか入れてない自然薯だけの生地でも、ちゃんとお好み焼きの形になるんですねぇ。やるなぁ、自然薯。

自然薯お好み焼き以外のおかず

お好み焼きの下は、チキンナゲットとつくね団子です。
ナゲット つくねのお団子

今日のお弁当は、おかずの2/3がお好み焼き、残りが冷凍食品という組み合わせになりました。 メインおかずの自然薯お好み焼きをちと入れすぎたけど、まあいいか^^;
自然薯お好み焼き弁当

<<大根ステーキ弁当

お弁当に「ゴボウのかりんとう」を入れてみた。>>