我が家のリフォーム日記

2010.06.20(日)― リフォームを考える

我家は、築後四半世紀も経ちそろそろリフォームといきたいところだが、 何せこの先の仕事・健康・年金を考えると極力資金は温存しておきたい。 さりとて、住宅設備は確実に経年劣化を起こし、いつ故障・停止するやら不安がいっぱい。

機能しなくなるならまだしも、モーター類の加熱で火災事故にでもなればそれこそ一大事。 レンジフードの油汚れなども万一を考えると不安が募る。 そこでこれからの暮らしの安全を考え、最小限の住宅設備のメンテナンスを思いつく。

これらをキーワードにリフォーム相談所へ。 ショールームを訪れてみると、どのコーナにも素晴らしい設備展示。 うっかりすると、際限なくリフォーム範囲が広まりすぐ予算オーバーになりそう。

さてどの辺りで、希望と予算の折り合いを付けるか。 ここでの注意点は、リフォームは決して所得を産むものではないと言うことだ。

2010.06.25(金)―下見

早速相談したリフォーム業者の下見、何と3名も連れ立っての見積もりの調査。 確かに事務所に帰って、『あそこはどうだったかな・・』と言う場合、複数人での現地調査は有効でしょう。

仕事の内容は全然違いますが、ふと自分の現役時代を思い出して、 当時はとてもそんな人員は配してもらえなかったなあ、 今は良い時代になったのか、それともワークシェアリングの時代になったのか。 デジカメによる重要部分の撮影なども、さぞ有効な手段になることでしょう。

2010.07.05(月)―見積り届く

概算金額は下見段階で聞いていたので大きな差異はないが、 内容は工事に関する専門的な語句が多く、素人には中々適正価格なのか判断不能。 それより、こちらの希望項目に抜けがないのか、打合せ段階の内容が反映されているのか、 確認の必要ありと思えたので、メモを追記する。

2010.07.11(日)―再度リフォーム相談所へ

今回は丁度見積もり製品の展示があると言う誘いで行ってみる事に。 見積もりの細部説明・詰めなどを行う。来訪者プレゼントの抽選でIH対応片手鍋をゲット。 しかし我家はIH予定なし。

2010.07.14(水)―2回目見積もり届く

最終の見積もり&値段交渉の筈が、先方も或る程度の腹案を持参していたのであっさり決定。

2010.07.21(水)―契約締結

行程表や支払い条件等の取り決め。

2010.08.07(土)

これから工事開始までは、ひたすら台所等の片付け作業です。 おっと契約手付金の支払いもありました。

2010.08.23(月)

いよいよ本日よりリフォーム工事が始まります、朝は今までと変わりありませんが、 帰宅すると何と風呂が跡形もなく、コンクリート剥き出し状態です。

2010.08.25(水)

今日からシャワーだったら使えるように、作業の速さにビックリ。 あまり不自由じゃなく、むしろ普段行くことのないスパに行けたので良い話のネタになりました。

2010.08.26(木)

これからが大変。台所の解体です。風呂と違って一部造作などもあり、結局煮炊き可能になったのは 月末31日です。勿論途中の日曜は工事も休みです。 これも結構目先の変わった所へ行ったり、スーパーの出来あいで済ませたりと、 普段体験しない生活パターンを味わいました。

2010.09.02(木)

本日で洗面のクロスも完成し、全リフォーム工事終了しました。 それにしても、日曜含めて10日で、しかも日々生活しながら電気・ガス・水道も使いながらの リフォーム工事。いや餅は餅屋です、脱帽です。

後は残額の支払いを済ませれば、6月に思い立ったリフォーム案件も終了します。 恐らく今年の我が家のトップニュースでしょう。

<<キッチン無しの一週間。

懐かしのサクマ式ドロップス>>