禁煙の道は、ダイエットの道にも通ずる

禁煙中の方や、ダイエットをしているという方に役立ちそうな記事を見つけました。 過去に喫煙経験があり、なおかつ、美味しいモノの誘惑に弱い私としては、 「なるほどなぁ」と思う部分が多々あったので、以下にリンクを張っときます。

「健康的な生活をしたい」とか「体重・食欲のコントロールに日々気を使っている」という方は是非ご一読を。 ヘタなダイエット本読むより参考になるかも。

禁煙後11kg太り、そこから10kg痩せた方法「私とタバコの1年戦争」 - ホームページを作る人のネタ帳

「夜ご飯を食べない」っつーのは効果あるけど、かなり荒療治っすね。 私も、夜の食事を野菜やら豆腐中心にしてみたことがあるけど、味気がないものって物足りないから、量をけっこう食べちゃうんですよね。 私的にはあまり合わない方法だったので、すぐにやめてしまいました。

まあでも、ダイエットするなら、夜の食事量は絶対減らした方がいいですね。 私は、毎日体重を量っていて気付いたんですが、夜食べたものってなかなか消費されないんですよね。 夕食に摂取したカロリーというのは、「翌日持ち越し」になりやすいので、「夕食大盛り」という生活を続けると、 すぐに体重が増えてしまうわけです。

夜の食事量が増えると、翌日の朝、あまりお腹が減らないので、朝食を控える。 そうすると、昼や夜の食事量が増えて、ますます朝食べなくなる、という悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

ダイエットを成功させるカギの一つは、朝<昼<夜というふうになりがちな食事量のバランスを、 朝>昼>夜という形にもっていくことだと思います。

「夕食後にスイーツやお菓子を食べてしまう」という場合は、「食後すぐの歯磨き」が有効かもしれません。 なるべく時間をかけて念入りにすると良いですよ。 念入りにすることで、「食べたいけど、また歯を磨くのは面倒」という意識がはたらくので、自然と間食を防ぐことができます。

ダイエットには、「これさえやれば大丈夫」っていう方法がないから難しいですよね。 私は、毎日の体重計測や、ほどほどの食事制限、適度なエクササイズなどを続けています。 食べ過ぎ防止には、体重計測がけっこう有効ですよ。 グラフにつけた体重を見て、「あ、ここ最近増えてきてるなぁ」なんて思えば、食べる量を減らせますからね。

食べ過ぎのリカバリーには、適度なエクササイズが効きます。 普段から代謝を上げるようなトレーニングをしておけば、元に戻すまでの時間が短くて済みます。

禁煙には成功しても、「食との戦い」は一生続いていくものですから、うまいこと乗り切っていきたいものですね。 巷にはいろんなダイエットノウハウがありますけど、行きつくところは結局、「適度な食事制限と運動」なんでしょうねぇ。 細く長く続けられて、最も効果があるものは、これ以外に無い気がします。

ダイエットっつーのは、自分の性格や、体質、生活習慣に合った方法をある程度確立できれば、わりと続けられるんでしょうけど、 それを見つけるまでが大変なんですよね。私も日々模索中です。

<<鳩は、ところかまわずフンをする。

お正月の風景 in 我が家2011>>