なつかしの給食:献立表

昭和20〜60年代に出された全国各地の学校給食を掲載してあります。 各地の献立の違いや、年代ごとに変化するメニュー内容などを見ることができて面白いです。 学校給食ならではの「奥深さ」みたいなものを感じることができる本だと思います。
なつかしの給食:献立表

私が懐かしいなぁと思ったのは、給食関連の思い出を掲載したページですね。 全国各地から寄せられた様々なエピソードを読んでいると、当時のことが思い出されます。 「あ〜、そんなこともあったなぁ。」と共感できるようなエピソードがたくさんあって楽しいです。 普段、家庭で作らないような、ちょっとマニアックなメニューのレシピも載ってます。

給食の思い出

牛乳

私が行ってた学校は、瓶タイプの牛乳でした。メーカーは森永だったかな? あの頃は牛乳があまり好きじゃなかったから、なんか義務的に飲んでましたね。 味はどうだったかなぁ…。「飲まなきゃいけないもの」って感じで飲んでたから、あんまり覚えてないっす。 美味くもなく、不味くもなく、という感じだったような気がします。

ご飯と一緒に牛乳が出るときは、子供ながらにも不思議に思った。(新潟県・34歳・女)

確かに、米飯給食の時も、牛乳が一緒に出てきてましたねぇ。 私はわりと何でも食べる方だったから、そんなに違和感なかったけど、 好き嫌いの激しい子にとっては苦痛だったかもしれませんね。

ビン牛乳のフタを開ける専用の栓抜きみたいなアイデア商品があった。(東京都・41歳・女)

あ〜、ありましたね、そういうの。持ち手の先に針がついてて、それをビンの紙蓋に突き刺して開けるんですよね。 私も持ってたような気がします。その蓋開けを忘れると、爪でフタを開けなきゃいけないから大変です。 無理に開けようとすると、牛乳が飛び散っちゃって、さらに大変。 どうしても開けられない時は、フタをビンの中に押し入れて、無理やり飲んでたなぁ。

パン

給食に出ていたパンはコッペパンでしたね。 パンの上にクリームのラインが一本引いてある「ラインパン」や、 レーズン入りの「ぶどうパン」など、バリエーションがいくつかありました。 作っていたのは学校近くのパン屋さんだったように思います。 私は黒糖入りの「黒パン」が好きでした。

マーガリンとジャム

マーガリンは銀色、バターは金色の包み紙に入ってましたね。 私はバターよりもマーガリンの方が好きだったなぁ。 ジャムはビニール製の小さいパックに入ってました。

チーズとデザート

当時はチーズが嫌いだったから、あまり食べたくなかったなぁ。 でも、QBBのアーモンドチーズは好きでしたね。今でもたまに食べてます。

デザートで記憶に残ってるのは、ヨーグルトとゼリーですね。 ヨーグルトは瓶入りで、質感はちょっと固め。独特の甘酸っぱさが印象的でした。 ゼリーは凍ったのが出てきてましたね。半解凍ぐらいの状態にして食べるのが好きでした。

デザートと言えば、小学校の頃に出たカスタードクリームは不味かったなぁ。 見た目は普通だったんですけど、味がちょっと…。口に入れると、やたら焦げ臭いんです。 明らかに焦がしたやろっていう匂いが、クリーム全体に染み付いてました。

好き嫌いがほとんど無い私でも、あれは食べるのがキツかったです。 たぶん新しく作ったメニューで、まだ調理法が確立されてなかったんでしょうね。 給食のおばちゃんもいろいろと大変ですな。

給食当番

配膳は、給食当番の人が全部やってくれてましたね。 教室に入れるのは当番だけで、他の人は外で待ってました。 牛乳瓶の入ったカゴや、食器を入れたケースが結構重かったような気がする。 給食室から離れた場所にあるクラスは、行き帰りの運搬が大変やったんちゃうかなぁ。

マナー・指導

全部食べ終わらないと、次の授業が始まっても食べ続けさせられた。いまでは考えられない。(東京都・38歳・女)

昔は、「何が何でも食べさせる」みたいな先生が多かったですね。 作った人のことを思うと、食べなきゃいけないとは思うけれど、無理なもんは無理ですからねぇ。

この居残り給食ってやつは、好き嫌いが多い子にとって、かなりのトラウマでしょうな。 食べられないものがさらに嫌いになって、全然受け付けなくなってしまった、という子もいたと思いますよ。 今こんなことやっちゃったら、「虐待だ!」って言われて大問題になるだろうなぁ。

「牛乳は噛んで飲むと甘くなる」などと言われたが、どんなに噛んでも味は全く変わらなかった。(埼玉県・27歳・女)

うちの学校にもこういう先生いたなぁ。 たぶん先生的には、「噛むようにゆっくり飲んでほしい」という意図があったんでしょうね。 でも牛乳って、放っておくとすぐヌルくなるから、どうしても早飲みになっちゃうんですよねぇ。

給食全般の思い出

休んだ友だちのパン届けを同じ班でやらされたが、誰もありがたがって食べたとは聞いていない。 あんな乾燥してパサパサになったパンを誰が食べるのだろうか。 ちなみに、我が家では母が金魚にあげていた。(千葉県・36歳・男)

そうそう。学校を休むと、仲の良い友だちがパンを届けてくれるんですよね。 でも、私は食べなかったなぁ。基本的に、学校休む時って体調が悪い時だから、 食欲自体があんまり無いんですよね^^;届けてもらったパンは親が食べてたような気がします。

休んだ人へのパン届けって、最近の子はやってるのかなぁ。 今は食品の衛生管理に対する基準が厳しいから、そういう習慣はもう無くなっちゃったのかな? 食中毒とか感染症の予防みたいなことを考えると、しょうがないんだろうけど、 無くなっちゃうと、それはそれでなんか寂しい気がしますね。

牛乳ビンのフタをコレクションにしている子がいた。(東京都・23歳・女)

フタ集めは、うちの学校でもやってたなぁ。 「プハッ」って息を吹きかけてひっくり返す遊びが流行ってました。 あの頃は何かしら集めるのがブームみたいな感じになってましたね。 匂い付きの消しゴムとか、ビールの王冠、清酒のキャップなどを必死になって集めてたような気がします。

匂いや味など、感覚的なものと一緒に取り込んだ記憶って、一度体験すると後々まで残りますよね。 昔食べた給食のことを考えてたら、また食べたくなってきました。今の子供達は、どんな学校給食を食べてるのかなぁ。 どっかの大手コンビニとかファミレスあたりが期間限定メニューで出してくれないかな〜。

<<家の不用品を処分してみました。

パラモデルの作品を鑑賞してきました。>>