住まいのカビ対策

新聞の生活面に、カビを扱った記事が載ってました。
カビの好きな条件

カビは、今の家に越してきた頃に、えらく悩まされました。 新築だったから、壁の中とか、床の下にまだ水分が残ってたんでしょうね。 冬場になると、ガラス窓や玄関ドアが結露でベタベタやったもんなぁ。

特に、私の部屋が酷かった。昼間、全然日が当たらないところなもんで、一日中薄暗いんですわ。 そういうジメッとした環境が、カビの住処として最適だったんでしょうね。 部屋の隅の方は、カビで黒〜くなってました。あまりにも酷かったから、結局、壁紙張り替えたもんなぁ。 壁紙の張り替えでカビからは解放されたけど、部屋の日当たりは相変わらず悪いです^^;
湿気の追い出し方

1立方メートルの空気中に1千個のカビの胞子が飛んでいて、1人が1日に1万個の胞子を吸い込んでいるといわれます。

ひえ〜。カビの胞子ってそんなに飛んでるんですね。私の部屋みたいに日当たりの悪いところだともっといるかも^^; で、吸い込んだカビはどうなるんですかね?知らんうちに体外へ排出されるんやろか。蓄積するんやったら嫌やなぁ。

屋内で胞子の量が増えた時が問題になる。 「免疫力の落ちた人にぜんそくがおきたり、カビが増えるとダニも増え、アレルギーの原因になったり。 特定のカビで夏の間だけ風邪のような症状が続く人など、影響がでてきます。」

夏風邪ってやつは、このカビが原因なのかもしれませんね。 エアコンや扇風機で体が冷え、免疫力が落ちたところにカビを大量吸い込んでしまうと、 いろんな症状が出てくるって感じでしょうか。夏は冷たいものばかり食べがちで、スタミナ不足に陥りやすいですからね。 私も気をつけないと。そういやカビって、日和見(ひよりみ)感染の原因にもなるらしいですよ。 昔、そんなふうなことを聞いたような気がする。

今すぐできるカビ対策:リビング編

対策は空気を動かすこと。まずは換気だ。ためこんだ湿気を追い出すのに、5月は最適。 晴れた日は窓をあけ、押し入れやクローゼットも開放して奥まで風を通したい。

ゴールデンウイークあたりから梅雨入りぐらいまでは、過ごしやすい気温の日が多いから、 天気の良い日は自然と窓を開けたくなりますよね。 私も、この時期はこまめに換気をして、家にこもった空気を追い出すようにしています。 起床してすぐ窓を開ける「朝イチ換気」は気持ちいいですよ〜。 朝のフレッシュな空気を部屋の中に取り入れると、「今日も一日やるぞぃ」という気分になれます。

今すぐできるカビ対策:浴室編

毎晩の入浴から出るときに、お風呂も洗ってしまう。 洗うのは、一番汚れのつく腰から下の範囲で十分。 飛び散った石鹸かすを熱いシャワーで流し、浴槽はスポンジで軽くこすり洗い。
お風呂のカビ対策

家の中で一番湿度が高い場所といえば、お風呂。ここは毎日のお手入れが欠かせませんね。 我が家も上記の方法を実践中です。洗い場の四隅は汚れがたまりやすいので念入りに。 風呂桶も、一回使うと石鹸かすがけっこう付着するので、使い終わったら洗うようにしています。 風呂椅子は、手入れがしやすい4つ足のものを置いてあります。よくある箱型のものは湿気が篭りやすいですからね。

石鹸かすを流すシャワーは、冷水でもいいみたいです。 ベストなのは(温→冷→拭き上げ)らしいですけど、毎日となると、ちょっとシンドイですからね。 5〜6割くらいの仕上がりでも、毎日続ければ、その後の手間がだいぶ違ってきます。 最初は面倒かもしれませんが、とりあえずやってみて下さい。 自分の出来る範囲だけでもやっておくと、後のメンテナンスがラクですよ。

換気扇の音や電気代が気になってスイッチをすぐ切っていないだろうか。 朝まで回すのがベターという。

うちは換気にはうるさいですよ〜(笑)換気扇は一日中回してます。 カビに悩まされた過去があると、「換気ぐせ」がついちゃうんでしょうね、きっと。 換気扇回してるのが普通なもんで、止まってると逆に落ち着かないんですわ^^; これって習慣というより、一種のトラウマなのかも。カビ恐怖症みたいな。

できてしまったカビを取る

重曹(炭酸水素ナトリウム)の使用を基本に、汚れを分解する掃除法を広めている。 (クリーンプラネットプロジェクト代表:岩尾さん)

カビを見つけたら、酸素系の漂白剤で手作りのペーストを作り、カビに直接パックする。
カビの取り方

重曹って、カビ落としにも使えるんですねぇ。 シンクの水垢落としや、食器洗いなど、キッチン周りの掃除で使うのは知ってたけど、 まさかカビにも効くとは。まさに万能洗剤ですなぁ。

カビから学ぶこと

家の中を、熱と空気と湿気が「ふつうに」流れれば、カビも問題にはならない

なるほど。空気のコントロールが一番重要っつーことですな。 発生したカビの除去に加えて、そういうことも気にするようにすれば、梅雨の鬱陶しさも少しは和らぐかもしれませんね。 皆さんも、自分の家に合ったカビ防止策を考えてみて下さいね〜。早めの対策が肝心ですよ〜。
家とカビの関係

<<二十歳以下にも懐かしい?平成を振り返る:後編

三田の永沢寺で、菖蒲を見てきました。>>