環境学習サポートセンターのミニミニ水族館。

阪急西宮北口駅の北西エリアにある「ミニミニ水族館」へ行ってきました。 ここは、西宮市の環境学習サポートセンターという施設の中にある水族館で、市内の淡水魚を30種類ほど展示しています。以下に掲載している生き物はその一部です。

希少種コーナー

メダカ

メダカって、子供の頃はそこらじゅうの川にたくさんいて、身近な魚の代表みたいな感じだったけど、 最近はほとんどいないらしいですね。今や、貴重な種類の魚になってしまいました。
メダカ

ヨシノボリ

ハゼの仲間は顔が可愛いですね。愛嬌のある様子を見ていると、気持ちが落ち着きます。 ほのぼのした感じが、なんかいいっす。底でじっとしてることが多いので、写真にも撮りやすいです。
ヨシノボリ

川の中流で見られる魚

タモロコ

カメラを向けたら土管の中に隠れちゃいました。シャイな性格なのかな?
タモロコ

イモリ

イモリが両性類ってのは知ってたけど、こういう姿を見るのは初めてやなぁ。 私が見ている間ずっと水の中にいて、じっとしてました。イモリって、水中でどれくらい息が続くんかなぁ。
イモリ

ウナギ

パイプが短めなので体がはみ出しております。 ウナギといえば、浜名湖とか四万十川っていうイメージやけど、西宮の川にもいるんすねぇ。
ウナギ

津門川に棲んでいる魚たち

オイカワ

昔、川遊びでよく捕まえたなぁ。でも、捕まえるとすぐに弱くなっちゃうんですよね、オイカワって。 オレンジとグリーンの色合いが綺麗な魚です。せわしなく泳ぎ回っているので、良い写真が撮れませんでした^^;
オイカワ

コイ

コイって、なんか知らん間に、やたら大きくなりますよね。ここの水槽に入ってるコイも、 「何食べてそんな大きくなったん?」っつーくらいデカイです。 私はコイが苦手なんですよねぇ。川とか池で、ゆらゆら泳いでるのを見るぐらいならいいけど、間近はちょっとキツイなぁ。目つきとか、口周りの感じが気持ち悪くて直視できません^^;
コイ

外来種のコーナー

ブルーギル

ブルーっていうくらいだから青いのかと思ったら、えらく赤いっすね。 濁った池とか沼で釣り上げられてる映像なんかを見ると、 「日本の固有種を食い荒らす、憎き外来種め〜」なんて思っちゃいますけど、 こうやってキレイな水槽で飼われているのを見ると、なんか良さげに見えますね。
ブルーギル

絶滅危惧種のコーナー

絶滅しそうでヤバイよ、と言われている種類の生物は、小さくて可愛らしいものが多いですね。
カワバタモロコ スジエビ

水槽の隅っこに隠れているこのサワガニ君も、絶滅危惧種らしいっす。
サワガニ

その他の展示

淡水魚に混じって、クラゲも展示されてました。水中をふわふわ舞う姿は、見てると癒されますな〜。
クラゲ

こちらはカメの展示コーナーにいたスッポンです。正面から見るとユニークな顔をしてますね。
スッポン

カミツキガメの剥製は迫力あります。指先に生えてる爪がゴツイっすね。怪獣みたい。
カミツキガメ

水の中にいるような気分を味わえる水槽ってのもあります。
円柱型水槽 上から見た円柱型水槽

展示水槽が並んでいる壁の反対側は図書コーナーになっていて、自由に本を読むことができます。 昆虫や植物など、魚関係以外の本もたくさん置いてあります。
ミニミニ水族館の図書コーナー

このカラー図鑑、懐かしいなぁ。昔セットで持ってて、よく読んでました。 子供向けの図鑑は、イラストや写真が多いから読みやすいですね。大人でも十分楽しめます。
こどもカラー図鑑 川魚を紹介するページ

ミニミニ水族館は西宮北口の穴場スポットですね〜。 私が行った時は、人の出入りもほとんど無く、ゆっくりと見ることができました。 静かな環境で、じっくり魚を観察したいという方にオススメの施設です。 川って、河川敷から眺めてると水の流れくらいしか見えないけど、水面下には様々な生き物がいるんですね。

「たまには身近な自然でも観察してみるかな〜」と思い、帰りに近くの川をのぞいてみたんですが、 この日は何もいませんでした…。いつもは大きなコイが3匹くらいいて、人が近づくと寄ってくるんやけどなぁ^^;
百間樋川

夕食は、鮎の姿焼きをいただきました。川の恵みに感謝です^^
鮎の姿焼き

<<米粉で「あんぼ」を作ってみた。

三木金物まつりと金物資料館>>