西宮酒ぐらルネサンスと食フェア

友人2人を誘って、酒ぐらルネサンスに行ってきました。 西宮酒ぐらルネサンスは、酒どころ西宮の「お酒」と、地元の「食」、 その両方を楽しむことができるという、お得感満載のお祭りです。 阪神淡路大震災で甚大な被害を受けた、酒蔵地域の復興祈願から始まったイベントなんだそうです。 酒ぐらルネサンス2007の開催日は、10月6日と7日の2日間。我々は7日の方に参加してきました。

西宮酒ぐらルネサンスって、今年でもう11回目なんですね。 イベント自体の存在は前からなんとなく知ってましたけど、そんなに回数重ねてるとは知りまへんでした。 (地元民やのに…。)阪神・JR沿線って家から離れてるから、来る機会があんまりないねんなぁ。

酒ぐらルネサンス巡りは、メイン会場である西宮神社からスタート。これが神社の入り口にある赤門です。
西宮神社の赤門
福男選び(十日えびすで行われる開門神事)の時にドーンと開くアレです。 神社のメインゲートにしては小さめかな?TVの映像とかでは大きそうに見えるんですけどね。 実物は意外にこぢんまりとしてるなぁという印象です。

まずは、入り口近くにある総合案内所で、西宮酒ぐらルネサンスのパンフレットをゲット。 スタンプラリーなるものをやってるらしく、その用紙(先着600名限定)も配ってました。 西宮神社と近隣会場を巡ってスタンプを集めると、景品がもらえるんだそうな。 「先着」とか「限定」っていう言葉がついたものを手に入れると、なんか得した気分になりますね。

まだ午前中なんですが、境内はたくさんの人で賑わってます。 地元和菓子や物産品の展示即売コーナーとか、西宮関連団体のPRブースなんかが並んでました。

特に人気なのは、色んな酒蔵のお酒が試飲できる「味わい酒コーナー」
酒ぐらルネサンスで賑わう西宮神社の境内
私も朝からタダ酒にありついてきました^^;天気がイイ日のタダ酒は特にウマイ。

露店が並ぶ参道を奥に進んでいくと、西宮神社の本殿があります。
西宮神社の本殿
西宮神社は全国にある「えびす神社」の総本社。「西宮のえべっさん」と呼ばれ、親しまれています。 十日えびすの時に奉納される大マグロや、阪神タイガースの必勝祈願で有名ですな。

本殿の前にある池はヤバイです。亀多すぎ。鶴の置物の足元にビッシリ群がってます。 爬虫類系が苦手な人は、あんまり見んほうがええかも。
鶴の置物に群がる亀君達
天気が良かったから、甲羅干しをしてるのかしらん?しかし、こんなにたくさんの亀、どっからわいてきたんやろか。 池の中で自然と増えたんかなぁ?

神社内にあるスタンプラリーのポイントを一通り回ったところで、ふと横を見ると、一緒に来ていた友人の様子がおかしい…。 どうやら、さっき試飲で飲んだ日本酒が効いてきた(彼は酒に弱い)らしく、顔が真っ赤になってます。 試飲が朝食抜きの朝イチだったので、その分、酔いが回るのも早かったようです。

「酒弱いのに、何で飲んだん?」と彼に聞くと、「いやぁ、せっかくやから飲まんと悪いかなと思って。」とのこと^^; もう一人の友人も、朝抜きで来たとのことだったので、 境内の一角に設けられた居酒屋コーナーで軽く腹ごしらえをすることに。

おなかに食べ物が入ったことで少し落ち着いたのか、 赤信号が点滅していた友人の顔色もだいぶ戻ってきました。 本人的にも、「もう大丈夫」とのことだったので、次のスポットへと行くことにしました。 西宮神社の東側に位置する西宮中央商店街と、阪神西宮駅にあるエビスタ西宮を回って残りのスタンプを集めます。

全てのスタンプを集め終わるとこんな感じ。
スタンプラリー完成!
左側と上の方にある青いスタンプは、西宮神社内で集めたものです。 これらのスタンプは日本酒の酒樽がモチーフになってます。 金鹿、白雪、白鹿etc…並んでいる銘柄は、日本酒を代表するブランドばかり。 「酒どころ西宮」のスゴさを改めて感じました。

右側の赤いスタンプは西宮中央商店街で集めたもの。 「西宮神社=えびす神社」ということで、七福神の名前を集めるようになってます。 右上のスタンプはエビスタ西宮(西宮神社周辺にある施設名は「えびす」をもじったものが多い)で押したもの。

最初は、「スタンプラリー?どうせ子供だましやろ?」ぐらいにしか思ってなかったんですが、 やってみると意外とオモロイです。今まで気付かなかったようなことを知ることもできたし。

記入済みのスタンプラリー用紙を総合案内所へ持って行き、景品と交換してもらいます。景品の種類が結構多いから迷うな〜。何にしよ?
スタンプラリーの景品
友人二人は、「白鷹ボールペン」と「白鹿の甘酒ソフトキャンディー」をそれぞれ選択。
白鷹ボールペン 甘酒ソフトキャンディー
私は日本盛の米ぬか美人試供品セットにしました。
米ぬか美人の試供品セット

西宮酒ぐらルネサンスは酒蔵地域全体のイベントなので、西宮神社以外にも会場があります。 これらはサテライト会場と呼ばれています。酒ぐらルネサンスのサテライト会場は全部で7ヶ所。 7ヶ所中、5ヶ所がお酒にちなんだスポットです。

サテライト会場間を繋ぐのは、「西宮酒文化巡り号」という無料のループバス。(お酒飲んだら車では移動できんからね。) このナイスな移動手段を使えば、心おきなくお酒が楽しめるというわけです。 バスは約20分間隔で運行しています。
ループバスのバス停
結構な充実っぷりですよ、コレは。

最初は白鹿酒ミュージアムへ向かいます。西宮神社の赤門前から出ているループバスに乗りましょう。 これが酒ぐらルネサンスのループバス:西宮酒文化巡り号。と言っても、見た目は普通の阪神バスです。
酒ぐらルネサンスのループバス:西宮酒文化巡り号

ループバスの中に乗り込むとこんな感じ。
西宮酒文化巡り号の内部
これはちょうどお昼ぐらいの映像かな。乗車率高めですが、まだまだ余裕があります。 (後半から終盤にかけて乗ったバスは本当にギュウギュウで、すし詰め状態でした^^;)

白鹿酒ミュージアムの酒蔵館に到着〜。
酒蔵館の入り口
中はこんな感じになってます。この設備はなんか井戸っぽいですね。
昔の井戸?
昔はこんな風にしてお酒を作ってたんですね〜。
酒蔵館の展示品

生っ白い模型の人形がちと不気味です^^;
酒蔵館に展示されてる模型の人形
こちらは酒造りの道具を展示したコーナー。
酒造りの道具

日本各地の焼き物で作った「ぐい飲み」も展示されてます。 お酒のぐい飲みって、一つずつは小さいものですけど、これだけ揃うと迫力ありますね。
ぐい飲みコレクション
私の地元、兵庫県のぐい飲みは丹波立杭焼。
丹波立杭焼のぐい飲み

西宮酒ぐらルネサンスのサテライト会場巡り。次に向かった場所は、新西宮ヨットハーバー。
新西宮ヨットハーバー
天気が良い日の海沿いは気持ちがいいです。
新西宮ヨットハーバー

新西宮ヨットハーバーでは、 フローティングボートショーという、ボートの展示会みたいなのをやってました。
フローティングボートショー
カッコイイボートがたくさん並んでたんですが、値段がえらいことになってます。どのボートも0の数がやたらと多い…。
ボートショーに展示されていたボート

本日三ヶ所目、最後に訪れたサテライト会場はアサヒビールの西宮工場です。
アサヒビール西宮工場
最初に工場の中を見学するんですが、そこはカメラ禁止なので、残念ながら写真は撮れず。 この日は工場のラインがお休みだったので、実際の作業を見ることはできませんでした。

工場見学のコースが終わった後は、ビールの試飲コーナーです。 今回の西宮酒ぐらルネサンスは、これを一番楽しみにしてたのよね〜。
ビールの試飲コーナーでもらったお土産
ビールにおつまみクラッカーがついてます。黒ビールの左下にあるバランスアップは、スピードくじの景品です。友人二人には、黒酢のドリンクが当たってました。

これがビールの試飲券。
3枚綴りのビール試飲券
3枚つづりになってます。試飲なのに3杯も飲めるなんて素敵やん。 さらに素敵なのは、試飲なのにカップサイズがデカイこと!普通の飲み屋で出てくる量とほとんど変わらないです。 これは俄然テンション上がるなぁ。一杯目はアサヒの黒生を注文しました。

試飲コーナーの外には、芝生を敷いたくつろぎスペースがあります。たくさんの人達がなごんでます。
試飲コーナー外の芝生ゾーン
芝生でマッタリして、昼間からビールを飲む。最高やん。っちゅーことで、さっそく乾杯〜。

二杯目はスーパードライにしました。
アサヒスーパードライ
うーん、こっちも美味しい。

三杯目は黒生でシメ。
アサヒ黒生
私はスーパードライよりもこっちの方が好きかも。 しかし、さすがに3杯目ともなると、炭酸がちとキツく感じますね。 飲み屋やったら生中三杯ぐらいは普通なんやけどなぁ。 つまみ無しで飲んでるからキツく感じるんやろか?

あまりお酒が飲めない友人二人は、途中でソフトドリンクに変更。 しかし、二人が持ってるソフトドリンクのカップを見ると、ビールのより明らかに小さい。(写真撮っとくの忘れた。) たぶん、マクドナルドのSサイズとMサイズくらいの差があったんちゃうかな? 我々3人の中では、「ソフトドリンクのほうが輸送費や何やでコストがかかるから、カップが小さいんじゃね?」 という話に落ち着きました。

色々とウダウダ喋ってるうちに、すぐ時間が経ってしまいました。楽しい時間って過ぎるのが早いね。 もうそろそろ帰らねばイカンっつーことで、ループバス乗り場へ。バスがJR西宮に着いたところで友人二人とはお別れです。 二人とも、わざわざ西宮まで足を運んでくれてありがとう。

そこから一人だったんですが、バスの揺れで酔いが回ったのか、家の近くまで帰ってきたころにはもうフラフラ。 普段、家では全く飲まないから、だいぶお酒に弱くなってるんだろうなぁ。 家に帰ってから、西宮酒ぐらルネサンスの記事をある程度まとめる予定だったんですが、 夕食後襲ってきた睡魔に勝てず、その日は何も出来ないまま力尽きました。

<<純銀粘土と鍛金に関する本

陸上自衛隊中部方面隊の創隊47周年記念行事に行ってきました。>>