咲き始めて間もない甲東梅林と、甲東園駅界隈のちょっとした思い出話

今日は、うちから一番近い「甲東梅林」が梅開きをしたので、ちょっくら見てきやした。
甲東梅林入り口

今年は梅の開花が遅れてるんですかね? 前々回の記事で行った緑ヶ丘公園同様、ここもまだ咲き始めという感じで、見頃になるまでまだ時間がかかりそうでした。
甲東梅林の園内 梅の花

梅の木 赤系の梅の花

この甲東梅林、実は私の母校、兵庫県立西宮高校のすぐ前なんですよね。
兵庫県立西宮高校正門 県西

ここら一帯は、文教地区といわれてるところで、
上ヶ原文教地区

西宮高校の向かいに甲陵中学、んで、この学園花通りの突き当たりに関学(関西学院大学)があるんですわ。
学園花通り 桜並木

関学といえば、この正門から見える時計台が有名。 春、ちょうど入学式が始まる頃は、通りの両脇に満開の桜が並んでキレイなんですが、今はまだまだ^^;
関学の時計台

この梅林と学校があるあたりは、山の途中にあるような感じなので、眺めと見晴らしがGood!
通学路からの眺め

でも、坂が多いんですよね^^;駅までの道は、このようにクネクネ曲がりながら下りてく感じ。
県西から駅への下り坂
通称:バス道
駅近辺

こっちは階段ルート。上の坂道は、朝の通学時、バスや車の往来が多くてわりと危ないんで、 県西生や関学生はこっちのルート推奨です。坂道より距離は短いけど、その分勾配キツめっす^^;
階段ルート
勾配キツめ

今思えば、この坂やら階段やら、よう毎日通ってたもんやなぁ^^;

で、下まで下ってきたところにあるのが、この甲東園駅。
甲東園駅西側

今は、阪神大震災後の改修で、線路の上に改札が移っちゃいましたけど、昔は券売機と改札が地下にあったんですよね。 写真で言うと、ちょうどタクシーが並んでるとこ、高架の真下あたりが出入り口になってて、そこから階段で地下へという感じ。

こちらは線路を挟んだ駅東側。
甲東園駅東側

今コンビニになってるこの建物も、私が子供の頃は本屋さんがあって、参考書やら漫画本やらよく買いに来たもんです。

ここの駐輪場になってる土地は、地震前はちっこい商店街みたいのがあって、 そこのおもちゃ屋さんにも何回か来たなぁ。(確か、キタダ模型店だったかな?)
駅東側の駐輪場

あと、この踏み切りそばにはパン屋さんがあって、学校の行き帰りとかおやつによく買ったな〜。 (場所的には、白木屋があるあたり。店名はマエダだったかな?)
甲東園駅踏み切りそば

この甲東園駅は、私が子供の頃からずーっと利用している一番身近な駅なので、 こまごまと書きたいことはいろいろありますが、そうするとキリがなさそうなので、今回はこのへんで。

<<炙った薄揚げと、塩ゆでもやしに甘酢がしみてジューシーな味わい。『もやしと薄揚げのゴマ和え』

ゴボウは、皮付き&アク抜き無しで全然OK。『ゴボウと豚バラの柳川風蒸し鍋』>>