モトコーの高架下アートプロジェクトを見てきました。

久々に神戸まで出かける機会があったので、ついでに「神戸ビエンナーレ」を見てきました。 この神戸ビエンナーレ、かなり規模の大きなアートフェスティバルで、 ハーバーランドや、ポートアイランド、兵庫県立博物館など、計4ヶ所を会場にして、いろんなアートを展示しています。

今回私が訪れたのは、JRの高架下にある「モトコー」と呼ばれている商店街。 「元町高架下」を略してモトコー。ここの空き店舗を利用して、アート作品が展示されています。
モトコー1

これはモトコーの前半、1〜3あたりにあった作品。 電球をたくさん吊るしてあるものとか、ツイッターを利用したものなどがありました。
裸電球がいっぱい ツイッターを使った作品

ツイッターのは、指定のハッシュタグをつけてツイートすると、そのつぶやきが作品に反映されるらしいっす。 こういうインタラクティブな作品って、観るだけじゃなくて、参加する楽しみもあるからイイっすよね。 「ツイッターを使ってる」っつーところが、「旬のアート」という感じがしますな。

ここからモトコー4。元町と神戸の中間あたりですかね。阪急電車の花隈駅なんかも近くにあります。
モトコー4

このへんから人通りがまばらになって、シャッターの下りてる店も多くなってきます。 戦後の闇市から発展した商店街だけあって、開いてる店は、けっこう個性強いです。
モトコー4の中

私にとっては、高架下のお店ってなんか入りづらいイメージなんですが、それをさらにレベルアップさせたような感じ。 「え?ここお店なの?」っていうところもたくさんあります。売ってるものも、なんかマニアックなものが多い。 通りすがりで見る分には楽しいけど、入る勇気はちょっとないなぁ^^;

ここのエリアで印象深かったのは、この作品ですね。中に石がたくさん並べてあるんですけど、これ全部人工の石だそうです。 セメントをこねて作ってるらしいっすよ。こういうリアルな質感とか、ナチュラルに見える造形ってどうやって作るんですかねぇ。 こらスゴイわ〜。その辺の川原の石と、見た目一緒やもんなぁ。
私の石

この作品のところにいたスタッフの方が、「良ければ、お一つ持って帰っていただいて結構ですよ。」と仰ったので、 お言葉に甘えて、石一つもらってきちゃいました^^;
もらった石

川原の水切り遊びでよく跳ねそうな石でしょ?いや、使いませんよ^^; 使いませんけど、見た目がね、なんかそんな感じしません?この平べったさが。

これは「Brilliant Noise」という作品。 写真じゃちょっと分かりづらいですけど、これ、部屋の中にたくさんの電球が吊るしてあるんです。
Brilliant Noise 電球

この電球、ただ単に吊るしてあるだけじゃなくて、あることをすると、ちゃんと電気がつくようになってるんです。 何に反応するかっつーと、「音」なんですな。 高架の上を走っている電車とか、外の道路を走っている車の音を拾うと、点灯するようになってます。
音に反応する電球

外だけでなく、部屋の中の音(手をたたく音とか、話し声など)にも反応するらしいっすよ。 音が大きければ大きいほど、明るく点灯するんだそうな。

この日は休日で交通量が少なかったので、わりと控えめな感じでしたね。 スタッフの方の話によると、やはり平日の方が、明るく点灯するようです。 通勤通学のピークになってる時間帯とか、見応えありそう。

これは、モトコー終盤、6とか7のあたり。 このあたりになってくると、店なのか倉庫なのかようワカランっつーところが多くなってきます。 開いてる店の品揃えも、かなりカオスな感じになっとります^^;
モトコー6とか7あたりの様子

このエリアにあった作品はこちら。この床に描かかれている輪っか、何を使って描いていると思います?
銀の雨・金の環

答えはボタン。色や形が様々なボタンを、たくさん敷き詰めてあります。
床の上に敷き詰められたボタン

上から降ってきている「雨」も、ボタンなんですな。 ファッションの街、神戸らしい作品だと思います。
全てをボタンで表現

これはスクリーンを使ったインタラクティブな作品。 部屋の中にいる人の動きによって、イメージが様々なふうに変わっていきます。 星空をイメージしたような感じの映像が、すごくファンタジックで素敵でした。
人の動きに反応するインタラクティブ作品

高架下アートを一通り見終わって、モトコー1あたりまで戻ってきました。 6〜7あたりのディープなお店を見た後、ここに戻ってくると、なんかホッとするわ〜^^; 行く時は入りづらそうに見えた店も、今なら普通に入れそうな気がする。(いや、入りませんけどね^^;)
モトコー1あたりの様子

神戸ビエンナーレ2011は、11月23日(水)までやってるらしいっす。 この高架下アートは、駅チカでアクセスしやすく、街ブラがてら見られるのでなかなかいいっすよ。 作品を管理しているスタッフの方達も、わりといろいろ気さくに話しかけて下さるので楽しめました^^

この秋、神戸へお越しになるという方は、是非寄ってみてくださいね〜。
神戸ビエンナーレのPR広告

<<クレープシュゼットの作り方

「〜の秋」って何の秋?>>