大阪駅の癒しスポット巡り

大阪ノースゲートビルディング内にあるグリーンスポットを見てきました。

まずは天空の農園。すいてる時間帯を狙って、朝9時くらいに行ったんですが、もう既に見学者が来てますね〜。
天空の農園

出入り口そばの広くなっているスペースには日時計があって、だいたいの時間が分かるようになってます。 太陽光を利用した日時計ってところが農園らしくていいですね。こういう演出ってなんか和むわ〜。
日時計

風力とソーラーソーラーパネルを利用した自家発電もやってます。 こういう自然エネルギーを利用した自家発電装置って、最近つくられる施設にはわりと標準でついてますな。
風と太陽を利用した発電装置

野菜の苗が植えてある菜園エリアは10時からのオープンなので、中には入れませんでしたが、 外から写真を撮ることはできました。

撮影しやすい通路近くの区画には、ミニトマトやゴーヤ、キュウリなどの苗が植えてありました。 これから夏野菜のシーズンですからね〜。ここはオープンスペースで日当たりがいいから、野菜の成長も早そうっすね。
ミニトマト ゴーヤ

奥の方の区画にはナスが植わってました。その右側に見えてるのはトウモロコシかな? 葉っぱの生え方とか見た目の形がそれっぽい。
ナスとトウモロコシ

通路を挟んだ向かいの斜面は、ぶどうの栽培スペースになってるようです。
ぶどう棚

これがその苗。房らしきものはついてるけど、まだまだちっさいっすね。 この斜面のぶどう棚が緑いっぱいになるには、まだ少し時間がかかりそう。
ぶどうの苗

この農園は野菜だけじゃなく、眺めも楽しめるんすよ〜。さすがビルの14階。見晴らしメッチャ良いっす。 「天空の農園」っつー名前は伊達じゃないっすな。
梅田スカイビル方面

阪急神戸線方面の景色はこんな感じ。中央に見えてるのが十三大橋と新十三大橋っす。
阪急神戸線方面の眺望

茶屋町方面はこんな感じ。ピアスタワーや阪急茶屋町ビル(アプローズタワー)、MBS本社ビルなどが見えます。
天空の農園から見た梅田茶屋町方面

東〜南側方面は高いフェンスが立ってるんで写真撮りづらいっす。
HEP方面の景色

南西側の景色はこんな感じ。こちら方面はビルが密集して建ってますな。
大阪駅の南西方面

天空の農園

※アクセス方法が階段のみなので、体力に自信がない方はやめといた方がいいかも。 11階から14階まで、結構な段数あります。

風の広場と和らぎの庭

ノースゲートビルディング11階にある「風の広場」と、その下、10階にある「和らぎの庭」も見てきました。

風の広場は、花や緑がバランスよく配置された憩いのスペース。休憩できるベンチもたくさんあります。
風の広場

10階にある和らぎの庭は、和のテイストを取り入れたくつろぎ空間になってます。 天空の農園とか、風の広場に比べるとちょっと地味かな^^;
和らぎの庭

どちらのスペースも、壁がガラス張りになってるので開放感があります。 周辺ビルの灯がともる夜に来たら、また違った雰囲気を楽しめそうですね。
風の広場から見た景色

時空の広場

サウスゲート側のグリーンスポット「太陽の広場」へ行く途中、「時空の広場」を通りました。 この駅の造り、気合入ってますな〜。これが駅構内とは…。写真だけ見ると、そんな感じしないっすね。
時空の広場

で、肝心の「太陽の広場」なんですが、まだ営業時間前だったため、アクセスすることができませんでした^^; 「もしかしたら他のルートがあるかも」と思って、周辺をウロウロ探しまわってみたけど、そんなとこは無かったっす。 サウスゲートビルディングの方は、時間外だと上の階に上がれないみたいっすね。
サウスゲートビルのエレベーター

残念だけどしょうがない。ま、一番行きたかった「天空の農園」には行けたからいっか〜。 太陽の広場の方は、また機会がある時にでもっつーことで。

朝早い時間帯の大阪駅散策はなかなか良いっすね〜。 営業時間外だと、行ける場所は限られるけど、すいてるからのんびり見られます。 「混雑してるのはイヤだけど、新しいスポットだし、とりあえず雰囲気だけでも見てみたい」とか、 「自分のペースでゆっくり見学したい」という方にオススメです。

<<バターケーキ強力粉バージョンの作り方

そら豆入りのガーリックマスタード炒め>>