陸上自衛隊中部方面隊の創隊47周年記念行事に行ってきました。

会場は陸上自衛隊の伊丹駐屯地です。 この日は伊丹駐屯地の敷地内が解放されていて、私のような一般人でも自由に出入りすることができます。 自衛隊の施設なんて入ったことないから、なんか緊張するな〜。
陸上自衛隊伊丹駐屯地の入り口

入り口そばにある手荷物確認所でチェックを受けて中に入ります。 チェック自体は、カバンを開けて見せるだけの簡単なものです。 ペットボトルや水筒のようなものを持っている場合は、確認のため、一口飲まなければいけないようです。
手荷物確認所
さすが自衛隊、このへんのことはキッチリしてますね。

たくさんの人が来てますなぁ。模擬店も賑わってます。
自衛隊員が出している模擬店
各駐屯地ごとの出店みたいですね。自衛隊の人達って一般人と鍛え方が違うから、呼び込みの声がデカイ^^;

焼ソバやタコ焼き、五平餅に、鮎の塩焼き、さざえのつぼ焼き、戦車せんべい等々、メニューは結構豊富です。 目の前で打ってくれる手打ち蕎麦がかなり美味しそうでした。自衛隊グッズや、防衛白書なんかも売られてました。

これは展示用の戦車。子供達が前に立って写真を撮ってます。
自衛隊の戦車
戦車と一緒に写真が撮れる、制服試着のコーナーもあり。(ただし対象は子供のみ。)

グラウンドに着くと、既に式典が始まってました。
陸上自衛隊中部方面隊の記念式典

これは地雷を撤去する車両だったかな?なんかそんなようなことをアナウンスしてた気がする。
行進する自衛隊の車両
戦車も走ります。
走行する戦車
頭上にはヘリの編隊が飛んでます。
隊列を組んで飛ぶ自衛隊のヘリ

式典が終わった後は、伊丹駐屯地の敷地内をぶらぶら。 これはライフルかな?マシンガン? 何の種類かはよく分かりませんが、銃がたくさん並んでます。
自衛隊の銃器類
これは車両行進の時に出てきていたミサイルかな?デカイです。
自衛隊のミサイル
あと、駐屯地の資料館や、装備品の体験コーナーなども見て回りました。

一通り見た後で再びグラウンドに戻ると、音楽イベントが行われていました。 音楽イベントで一番のオススメは、ファンシードリル。 ライフル銃?を右に左に持ちかえたり、グルグル回したりするやつです。
ファンシードリル

華麗な銃さばきや、息の合った演技は一見の価値ありです。 最後は、空砲をバーンと打ち上げてフィニッシュ。 自衛隊のファンシードリル、生で見るとかなりカッコイイですよ。

イベントのシメは、戦車の体験試乗です。 あいにく整理券を持ってなかったんですが、運良く乗ることができました。 グラウンドでやっている催しを全部見終わって、それから行くと結構すんなり乗れるようです。 終了ギリギリの時間を狙うのがポイントみたいですね。

まずは、戦車乗車時の注意事項について説明を受けます。 「戦車走行時は、備え付けの手すりにしっかりつかまること」とか、 「高温になるマフラー部には手を触れないこと」など。
注意事項の説明

戦車が待っている乗車場まで進むと、ヘルメットを手渡されます。 戦車乗車時にかぶるものです。
戦車乗車時にかぶるヘルメット

体験試乗で使う戦車はこれ。
これから乗る戦車 自衛隊の74式戦車
74式戦車というんだそうな。この戦車に乗って、周囲をぐるっと一周します。

戦車の上から見る景色はこんな感じです。
戦車上から見る眺め
後続の戦車を正面から見るとこんな感じ。
戦車正面

戦車走行中は結構ゆれます。特にカーブを曲がる時のゆれが大きいです。 カクカクしながら曲がるからかな?反動みたいなのがガンガン伝わってきます。 油断してると戦車から振り落とされるかも。あと、エンジン音?もなかなかの爆音です。 いかにも鉄の塊が走ってるなぁという印象でした。

普段見れないものがたくさん見れたし、戦車も乗れたし、よかったよかった。

<<西宮酒ぐらルネサンスと食フェア

純銀粘土(PMC3)に関する本>>