懐かしのサクマ式ドロップス

今回はエキサイトニュースのコネタから。
サクマ式ドロップスのハッカ味は当たり?外れ?

色とりどりの見た目、缶を振ったときのカランカランという音など、味だけでなく、目にも耳にも楽しい定番キャンディーだ。 さらに、缶を振って何味が出てくるかという、ささやかな「ギャンブル性」も楽しみだった。

そうそう、サクマ式ドロップスって、くじ引きを引く時のような、あのワクワク感が良いんですよね。 自分の好きな味が一発で出た時は快感だったなぁ。私はパイナップル味とチョコ味のドロップが好きでした。

だが、そんな中でも、記憶にある風景では、どうしてもいつも白いハッカ味ばかりが残ってしまっていた。 友人・知人に聞いても、「ハッカ味だけ残った」という人は多く、なかには「ハッカをとるとハズレだと思った」 「レモンをとろうとして、間違えてハッカをとってしまったときが悲しかった」などと言う人もいる。 にもかかわらず、驚くのは、最近、小学生の我が子や友人たち、友人の子などを見ていると、 ハッカ味をすすんで選ぶ子が多いこと。

さらには、1つの缶から、みんながハッカ味を奪い合って取り出す姿を見ることもある。 いつの間にかハッカ味が子どもに人気になっているのだろうか。

えー、最近の子供はハッカ味に抵抗がないんですかね?私にとってハッカ味は、「ハズレ」以外の何物でもなかったけどなぁ。 レモンとハッカを間違えて食べた時のあのショックは、今でも忘れられないっす。

ハッカ味が人気になっている理由

今の子どもたちは、昔のように「定番フルーツ味」にあまり盛り上がらない。

オレンジジュースを飲みたがる子は少なく、 かき氷でも定番「イチゴ」より「ブルーハワイ」「レモン」を注文する子を多く見る。

私もイチゴ味のカキ氷はあまり食べなかったなぁ。子供の頃は、レモン味とかメロン味のカキ氷が好きでした。 今だったら宇治金時が食べたいかな。小倉あんと白玉団子が乗ったものを口いっぱい頬張りたいっす。 ブルーハワイをオーダーする子が多いってのは意外ですね。最近の子供は結構マイナー志向というか、渋好みなんですね。

今の子どもたちは「ミント味」に慣れている。

キシリトールガムなどを小さい頃から噛んでいる子は多く、フリスクなども涼しい顔で食べる。 「のど飴」の多様化の影響も?

あ〜、確かに。これはあるかもしれないっすね。アイスクリームにもチョコミントつーのがあるし。 でも、私は慣れないなぁ。もういい歳の大人だけど、未だにミント味は得意じゃないっす。 のど飴もどっちかというと、あんまり好きじゃないですね。ハーブ入りのものは特に。 甘いのか、スースーするのか、どっちやねん!みたいな感じがなんかイヤっす。

昔よりも「甘いモノ」憧れがなくなっている。

「さっぱりするから」などという理由で、ジュースよりお茶を好んで飲む子も多い。(親の教育などもあるのだろうけれど) また、健康志向の高まりで「甘さ控えめ」商品が増え、「甘くない味」にも慣れている。

へぇ〜、今の子は本当に好みが渋いっすねぇ。コーラとかファンタみたいな炭酸飲料はほとんど飲まないのかな? 私が子供の頃は、ジュースを飲む時に健康の事なんて考えてなかったけどなぁ。 駄菓子屋で売ってる甘〜い飲料や、チェリオのBYGシリーズなんかを結構ガンガン飲んでましたね。 BYGは100円で500ml入ってたから、部活帰りによく買ってました。

サクマ式ドロップスを食べてみた

というわけで、買ってきました。缶に入ったお菓子って、懐かしい感じがして良いですね。 レトロ感のあるデザインも、今見ると新鮮に感じます。
サクマ式ドロップスの缶

飴ちゃん食べるの久しぶりやなぁ〜。 あ、そうそう、関西には、親近感があるものに「ちゃん」とか「さん」を付ける習慣があって、 ドロップとかキャンディーのことを「飴ちゃん」と呼ぶんです。 あと、お粥のことを「お粥さん」といったり、カレーのことを「カレーさん」とも言ったりします。 ちなみに、「生協まで買い物に行ってきます。」という言い方は、関西だと、「コープさん行ってくるわ〜。」になります^^

では、そろそろサクマ式ドロップスのフタを開けるとしますか。 一発目のキャンディーは何味のが出てくるかな〜。
最初に出るのは何味かな?

開封後に出てきた最初の飴ちゃんはこれ。
一発目に出てきたドロップ
ん?これ何だろ?白いパウダーがかかってるからよく分かんないっすね。 とりあえず食べてみよう。…あ〜、チョコ味っすね。というわけで、一発目のキャンディーはチョコレート味でした〜。

サクマ式ドロップスの中をのぞいてみよう

缶の中に入っている飴ちゃんの内訳がどうなっているのか気になったので、全部出してみました。
サクマ式ドロップスに入っていたキャンディー

一番多いのはグレープ味で5個。最初に出てきたチョコレート味のドロップは、さっき食べた分を入れて4個。ハッカとパイナップルも4個ですね。オレンジとイチゴが3個づつで、一番少ないのはリンゴ味の2個でした。

…あれ?原材料表示のところに記載されてるレモンが見当たらないっすね。私の数え間違いかな? なんせ食べるのが久しぶりなもんで、どの色が何味なのかイマイチ見分けがつかないんすよね^^; まあ、どれが何味なのかっつーのは、食べてるうちに思い出すでしょう。

大人になって食べるハッカはどんな味?

では、ハッカ味のドロップを食べてみたいと思います。
ハッカ味のサクマ式ドロップス

…あ、美味しい。子供の頃はハッカがキツく感じて吐き出してたけど、今食べると全然そんなことないですね。 フリスクやキシリトールガムなど、他のミント系菓子よりも味がマイルドなので食べやすいです。 ハッカと甘みのバランスもちょうど良いですね。こりゃ結構ハマる味かも。子供同士で取り合いになるの分かるなぁ。

久しぶりに食べたサクマ式ドロップスのハッカ味は、私にとって「当り」でした。 今まで「ハズレ」だと思っていたものが「当り」に変わると、何か得した気持ちになりますね。 食べられるものが一つ増えて良かったっす^^

子供の頃、ハッカ味のキャンディーが苦手で食べられなかったという方。 大人になった今食べてみると、結構イケるかもしれませんよ。お試しあれ。

<<我が家のリフォーム日記

神戸三田のプレミアムアウトレットへ行ってきました。>>