「中身がほぼ肉」のガッツリ仕様『大葉の肉巻き』&「肉巻きといえば…」な定番系『アスパラの豚バラ巻き』

今日のおかずは、野菜やエビなど、いろんな食材を揚げたフライ。
フライ

中でもメインは、この肉巻き2種。 一つは、生姜焼き用の豚肉を使った『大葉巻き』で、もう一つは豚バラを使った『アスパラ巻き』です。
肉巻きフライ

大葉の肉巻き&アスパラの豚バラ巻き:作り方

材料
大葉の肉巻き
アスパラの豚バラ巻き
衣類
下ごしらえ〜仕上げ

生姜焼き用の豚肉(5枚)は、塩コショウ(適量)をふって下味をつけた後、大葉(5枚)を乗せて巻きます。
生姜焼き用の豚肉 大葉を乗せる

豚肉に大葉を巻き込む 巻けた肉巻き

アスパラ(3本)は、サッと水洗いして、根元を切り落とした後、長さを半分に。
アスパラ3本 半分に切る

「はかま」(三角の部分)は、軽くそぎ落としておきます。
アスパラのはかまを削ぐ

今回使ったアスパラはわりと太めだったので、下半分を縦の半割りにしました。 (細いものなら、切らずにそのままでOK。)
太い部分は半割りに

あとは、半分に切った豚バラのスライス(4枚)を巻きつければ、下ごしらえは完了。
豚バラスライス4枚 アスパラに豚バラを巻く 巻けたら大葉巻きと一緒にしておく

フライの衣は、溶き卵(1個)と、小麦粉(適量)とパン粉(適量)
衣に使う卵を溶く

溶き卵は少しだけ水を足し、濃度を薄めておきます。 (溶いたものをそのまま使うと、粘りが強く、衣が厚付きになってしまう。)
溶き卵に水を足す

下ごしらえ済みの肉巻きは、小麦粉→溶き卵→パン粉の順で衣をつけ、
衣をつける順は、小麦粉、 卵、 パン粉

油へ投入。(一度に入れる量は4〜5本程度にしておきます。)
肉巻きを油へ投入

入れた肉巻きは、揚がるまで4〜5分かかるので、その間に次をスタンバイ。
第一弾を揚げてる間に、次を準備

で、4〜5分後。先に入れた肉巻きが色良く揚がったら、天ぷら鍋から取り上げて油切りします。
揚がった肉巻きを取り上げる

残りの肉巻きも同じように揚げ、巻いた分が全部揚がれば完成です。
残った肉巻きも揚げる パン粉をつけて 油の中へ

では、いただきま〜す。

大葉の肉巻きの方は、生姜焼き用の豚肉を使ってるから、「お肉感」が前面に出てますね〜。
大葉の肉巻き

アスパラの方は、肉自体の厚みはそんなにないですが、バラ肉なので脂がのっててジューシー。 アスパラの風味ともよく馴染んでいて美味しいです。
アスパラの豚バラ巻き

大葉の肉巻き&アスパラの豚バラ巻き、ごちそうさまでした〜。

このレシピの動画版はこちら。

「中身がほぼ肉」のガッツリ仕様『大葉の肉巻き』&「肉巻きといえば...」な定番系『アスパラの豚バラ巻き』 - [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<キャベツもいいけど、白菜で巻くのもアリやね。『ロール白菜』

生姜焼き用の豚肉が、野菜に程よい旨みをプラスしてくれる『ナス、豚肉、大葉、トマトの4層サラダ(梅風味)』>>