身離れの良さ、ハンパねぇw骨以外は残さず食べれる『スペアリブの圧力鍋煮込み』

本日の手作りごはんは、『スペアリブの圧力鍋煮込み』
スペアリブの圧力鍋煮込み

スペアリブの圧力鍋煮込み:作り方

材料(3〜4人前)
下ごしらえ〜仕上げ

スペアリブは、塩コショウをふって下味を付けた後、ポリ袋に入れ、冷蔵庫へ。
スペアリブ580g

この冷蔵庫に入れたスペアリブは、このまま寝かせて下味を馴染ませます。時間はお好みで。 今回は、1時間半くらい寝かせました。
下味付きのスペアリブを冷蔵庫で寝かせる

付け合わせの野菜は、新じゃが3個と、ニンジン1本。新じゃがは、皮をむいて半分に切ります。
新じゃがの皮をむく 半分に切った新じゃが

ニンジンは、皮付きで縦半分に切ってから、乱切りに。
ニンジン1本 ニンジンは皮付きのままカット ニンジンの乱切り

切った野菜はどちらも水にさらしておきます。
切った野菜を水にさらす

ここまでできたら、フライパンにスペアリブを並べて焼き始めます。 (焼き油は、オリーブオイルを使用。無ければ他の油でも可。)
フライパンにオリーブオイルを引く スペアリブに焼き色をつける

しばらく焼いて、全体に焼き色がついたら、圧力鍋の方に移し、
表面を焼いたスペアリブ 焼いたスペアリブを圧力鍋に移す

カップ1杯分の水と、80ccのお酒、
味つけ

切っておいた新じゃが&ニンジン、
圧力鍋に野菜を入れる

あと、煎り豆(約30g)も加え、フタをします。(大豆は、生よりも、煎ったものの方が早く煮える。)
煎り大豆も入れる 圧力鍋付属のすのこを逆さにしてかぶせる 具を入れ終わったら、圧力鍋にしっかりフタをする

加熱は、最初強火で5分。 すると、フタ中央の圧力ピンがせり上がってきますんで、そうなったら弱火に落とし、そこから15分。 煮終わったら、火を止めます。(鍋のフタは、中身が冷め、ピンが下がりきるまで開けないこと。)
強火で5分間加熱した圧力鍋

あとは、圧力ピンが下がったのを確認して、フタを開け、お皿に盛り付ければ完成です。
鍋の中身が冷めたらフタを開ける 煮終わった鍋の中身 スペアリブと野菜をお皿に盛りつける

では、いただきま〜す。

うおおお〜!お肉が柔らかくなってて超ウマ〜い。
スペアリブの圧力鍋煮込み

骨付き肉って、焼いたり揚げたりすると、どうしても食べきれない部分が残って、 「何だか勿体ないな〜」という気持ちになったりしますが、この圧力鍋煮込みなら、そんな心配は無用。

ほら、この通り、骨以外の部分は残さずキレイに食べられますよ〜。
スペアリブの骨

わりと脂身が多いんで、口周りが少しベタ付きますが、それを差し引いても食べる価値アリ。 骨からスルっと身がほぐれる感覚は、一度食べたらヤミつきになりまっせ〜。

付け合わせの新じゃがやニンジン、煎り豆も柔らかくなってて美味しかったっす。

スペアリブの圧力鍋煮込み、ごちそうさまでした〜。

<<コクのある味噌が具に絡んでウマい。『きゅうりとイカの酢味噌和え』

ひたした小松菜に、香ばしいすりゴマがよく絡んで美味。『小松菜のおひたし』>>