残り物の有効活用、ハンバーグ編。『揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ』

今日の手作りごはんは、『揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ』
揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ

揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ:作り方

材料
調味料
下ごしらえ〜仕上げ

茄子3本は、乱切りにして水に放った後、ザルに上げておきます。
茄子の乱切り ザルに上げたナス

切ったナスは、揚げた時にハネないよう、よく水分を拭いてから油の中へ。
茄子の水気を拭く 切ったナスを油で揚げる

揚げ時間は2分くらい。ほんのり色づく程度になったら、キッチンペーパーの上にあけ、油をきっておきます。
揚がった茄子の油を切る

ナスの量が多い時は、何回かに分けて揚げます。
ナスの数が多い時は、数回に分けて揚げる 揚げ終わった茄子

次は、ブロッコリー。1株を小さい房に分けておきます。
1株分のブロッコリー 小房に切り分ける

新玉ねぎは1個分をくし切りにします。
新玉ねぎ 新玉ねぎのくし切り

野菜が切れたら、ブロッコリーを塩ゆでにします。
沸かした湯に塩を入れる ブロッコリーの塩茹で

ゆで時間はだいたい4〜5分くらい。茹でたブロッコリーは、湯切りをして水にさらした後、ザルに上げておきます。
ゆで上がったブロッコリー ゆでたブロッコリーは、粗熱をとってザルに入れておく

残り物のハンバーグは、一口大に切り分けます。
残り物のハンバーグ ハンバーグは一口大に切る

ここまでの下ごしらえが済んだら、中華鍋にサラダ油を敷き、くし切りの玉ねぎを炒めます。
中華鍋で玉ねぎを炒める

3分ほど炒めて、玉ねぎがほのかに色づいたら、斜め切りにしたオクラを追加。サッと火を通して油を馴染ませます。
オクラを追加 入れたオクラをさっと炒める

ハンバーグとちくわはここで投入。ちくわは2本分を乱切りにしたものです。
ちくわ2本 ちくわの乱切り 切ったハンバーグとちくわを投入

味付けは、お酒が大さじ2と、砂糖、醤油、みりんがそれぞれ大さじ1ずつ。
砂糖 みりん

今回のメニューはあんかけなので、この後とろみをつけるんですが、 野菜から思ったほど水分が出ておらず、とろみがつきそうになかったんで、水をちと補給。量は大さじ3杯分くらいです。 (炒めた野菜から水が出ていれば、この工程は不要。)
とろみつけの水分を補給

最後は、揚げ茄子を加えて軽く混ぜ、水溶き片栗粉でとろみをつければ完成。
揚げておいた茄子も加える ナスを入れたら軽く混ぜる 水溶き片栗粉でとろみをつける

付け合わせは、塩ゆでしておいたブロッコリー。お皿のフチに並べ、中央に作ったあんかけを盛ります。
つけあわせのブロッコリーをお皿に並べる できたあんかけは、中央に盛る

では、いただきま〜す。

今回は、イレギュラーに残り物のハンバーグを入れてみましたが、餡がかかったのも美味しいっすね。 いつものガッツリ系ハンバーグが、ちょい和風テイストになりました^^
あんかけハンバーグ

揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ、ごちそうさまでした〜。

<<切り身を刺身にするなら、刺身包丁は必須かも『サーモンのお刺身サラダ(大葉添え)』

食感、味わいの違う食材同士が絶妙に絡み合って美味い。『キュウリとワカメとカニかまの甘酢和え』>>