乾物の芽ひじきを1袋分ガッツリ使った『ひじきと野菜の煮物』

本日の手作りごはんは、ひじき煮。乾燥の芽ひじきを丸々1袋分戻し、それを入れてあるので、ひじきモリモリ。 普段不足しがちな海草の栄養素も、これでバッチリっす。
ひじき煮

モリモリ仕様のひじき煮:作り方

材料
味付け用調味料
下ごしらえ〜仕上げ

まず、乾物の芽ひじき(25g)を、たっぷりのぬるま湯と一緒に鍋に入れ、戻します。 戻し時間は約15分。水で戻す場合は、20〜30分つけておきます。
乾燥ひじきを鍋に入れる ぬるま湯に15分つけて戻す

戻したひじきはザルに移し、途中、水を替えつつ、3回ほど洗います。
戻したひじきの水切り ひじきをザルに入れて洗う

これでひじきの下ごしらえは終了。戻して洗ったひじきは、ザルに入れて水切りしておきます。
一袋分のひじきを戻したもの

ひじきと一緒に煮る具は、こんにゃく(半丁)と、にんじん(1/2本)
こんにゃくとにんじん

どちらも細切りして、ザルに入れておきます。
こんにゃくの細切り にんじんの細切り 切った具はザルへ

あと、薄揚げ(1枚)やら、ちくわ(2本)なんかも同じく細切りで。
薄揚げ1枚 薄揚げの細切り

ちくわは2本 ちくわの細切り

具を切り終わったら、鍋にサラダ油を敷き、
鍋にサラダ油を入れる

ひじき、にんじん、こんにゃくを炒めます。
鍋にひじきと野菜を投入 入れた具を油で炒める

その後、煎り大豆1カップと水1.5カップを追加し、5〜6分煮ます。
煎り大豆を追加 水は1.5カップ分 フタをして煮る

味付けは、砂糖が大さじ1.5杯と、醤油&みりんがそれぞれ大さじ1ずつ。
砂糖 醤油

薄揚げやちくわなど、すぐ火が通る具は、味付けした後に投入。
薄揚げとちくわを追加

ここまで出来たら、落としぶたとフタをして再び加熱。
落としぶた フタをして煮る

5分ほど煮たら、確認のため一度味見をしておきます。 (この時は、3倍濃縮の麺つゆを小さじ1入れましたが、必要無いと思えば入れなくてもよいです。その辺はお好みで。)
ある程度煮たら味見をする

その後さらに10分くらい煮続けて、具がちょうど良い具合になれば完成っす。
ひじき煮完成

では、いただきま〜す。

ほんのり甘めの味付けが、具によく馴染んでいて美味しいですね〜。 シンプルで飽きのこない味なので、箸もよく進みます。
ひじきたっぷりの煮物

コンニャクや大豆など、いろんな具がバランスよく入ってるところもGood! 食感の違いが良いアクセントになっています。

ひじきの煮物、ごちそうさまでした〜。

<<水煮の筍を使えば手軽で簡単。歯切れが良くて美味しい『スナップエンドウと筍の炒め物』

レトルトソースに生のあさりを加えて満足感アップ!『あさりと菜の花のパスタ』>>