いつもより大きめに切った蓮根で、食べ応えアップ!『根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮』

本日の手作りごはんは、根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮。
根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮

このブログで何回かレシピをUPしてますが、具の量や味付けなどが毎回微妙に違うんですよね。 今回は、ゴボウが新物で、レンコンを大きめにカット。あと、コンニャク多め、という仕様になっております。

根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮:作り方

材料
下ごしらえ〜仕上げ

板こんにゃく(1.5丁)は、スライスしてから、それを細切りにします。
板こんにゃく コンニャクの細切り

レンコン(約180g)は、縦に半割りにしてから皮をむき、それを半月切りに。
蓮根 レンコンの皮をむく れんこんの半月切り

新ごぼうは、そんなに土もついておらず、わりとキレイなので、軽く洗った後、皮付きでささがきに。
新ゴボウ2本 新ごぼうのささがき

切ったものは、このようにザルに入れておきます。
切ったレンコンと新ごぼうはザルに入れておく

肉は、牛モモの切り落とし約180g。これを大まかに切ったら、
牛モモ肉の切り落とし

鍋にサラダ油を敷き、そこに牛肉を投入。
牛肉を鍋で炒める

軽く炒めて、お肉の色が変わったら、コンニャクを追加。
鍋にこんにゃくを追加 炒めて、コンニャクに油を馴染ませる

続いて、新ゴボウとレンコンも加え、混ぜながら炒めます。
新ごぼうと蓮根も投入 具を混ぜながら炒める

味付けは、お酒がカップ1/2杯、砂糖と醤油がそれぞれ大さじ3ずつです。
お酒 砂糖 醤油

その後、フタをして煮込みます。
フタをして、しばし煮込む

で、煮汁が沸いてきたら、アクをとって味見。必要なら、麺つゆを少し足して、味を調節しましょう。
具から出るアクを取っているところ 麺つゆで味を調整

あとは火を弱火にして、落としぶたを乗せ、15分ほど煮れば完成っす。
落としぶたをして、さらに煮込む

では、いただきま〜す。

今回の目玉食材は、レンコン。いつもより大きめに切り、厚みも出してあるので、存在感バツグン。 煮え具合もちょうどよく、根菜好きにはたまりまへん。
炒め煮のレンコン

根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮、ごちそうさまでした〜。

『炒め煮』に関するレシピの動画版はこちら。

『蓮根とコンニャクの炒め煮』の作り方 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<コッテリした豚バラには、レモンのスライスがよく合う。『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』

ブリのアラを下ごしらえする時は、「焼く」といいよ!『ブリ大根』>>