コッテリした豚バラには、レモンのスライスがよく合う。『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』

今日の手作りおかずは、『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』です。
豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)

豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え):作り方

材料
下ごしらえ〜仕上げ

新じゃがは、皮ごと使うので、洗ってそのままザルに。生姜はスライスにしておきます。
新じゃがと生姜

豚バラのブロックは、タコ糸でグルグル巻きに縛ります。 (巻き方はホントに適当。タコ糸をキツく巻きつけて縛ってるだけっす。)
煮豚にする豚バラ 豚バラは、タコ糸で縛る

具の下ごしらえができたら、圧力鍋を用意し、縛った豚バラと、生姜と、新じゃがを入れます。
圧力鍋に縛った豚バラを入れる 生姜と 新じゃがも

味付け用の調味料は、お酒がカップ1/2杯分と、水がカップ1杯分。
酒 水

以上を入れたら、圧力鍋にがっちりフタをして、火にかけます。
材料を入れたら、圧力鍋にフタをする フタは、外れないようしっかりと 圧力鍋を火にかける

最初は、強めの火加減でガーっと加熱。 すると、5分ほど経った頃に、フタの圧力ピンが上がってきます。
圧力鍋のピン

そしたら、火を一番弱火にして、そこからさらに約5分煮込みます。
鍋の内圧が上がったら、火を弱火に そのまま5分ほど煮込む

以上で、加熱は終了。あとは火をとめて、自然に冷めるのを待ちます。 (フタを開けるのは、圧力ピンが完全に下がってから。 「ピンが上がった状態=鍋の内圧が高い状態」でフタを開放するのは危険!)
加熱し終わった圧力鍋は自然冷却

で、だいたい15分くらいすると、ピンが下がりきるので、そうなったらフタを開けて煮豚を取り出します。
圧力鍋で煮た豚肉と新じゃが

出した豚は、縛ってあるタコ糸をほどき、お好きな厚みに切り分けます。
圧力鍋から取り出した煮豚 煮豚のタコ糸は、切ってほどく 煮豚を食べやすい厚さに切る

ここまで出来たら、あとはお皿に盛るだけ…なんですが、お肉の火の通りが少々甘かったらしく、 切ったものにまだ赤みが差してたので、フライパンに乗せて焼きます。
豚肉がレアだったので、少し焼きます

片面が焼けたら、引っくり返してもう片面も焼き、最後に醤油をたらり。出来たものは器に盛ります。
焼けた煮豚を引っくり返す 醤油を少しかけて香り付け 両面焼いた煮豚は、お皿へ

仕上げは、レモンのスライス1/2個分。防カビ剤無しの国産なので、皮付きでも安心して食べられます^^
レモンのスライス 切ったレモンを、お皿の周囲に盛り付ける

では、いただきま〜す。

煮豚は、一緒に添えたレモンの爽やかな酸味がイイですね。 皮のほろ苦さもエエ感じのアクセントになっていて、美味しいっす。
豚バラにはレモンを添えて

でも、食感がちょっと硬めですね。加熱時間が短かったからかな?

新じゃがもホクホクで美味しいですよ。こっちは逆に、加熱時間が短くて良かったみたいですね。 煮崩れせず、ちゃんと形を保っています。
付け合わせの新じゃが

圧力鍋を使ったこの煮込み料理、いつもはモモ肉でやってるんですが、「肉がパサつく」っつーことで、 今回は脂身が多いバラ肉に変更。 (私的にはモモ肉でも全然よかったんですが、母的には、あのパサつきがどうにも気になっていたらしい^^;)

でも、今回も、お肉はそんなに柔らかくなってないんですよね〜。

私が思うに、「煮豚でお肉が柔らかくなるかどうか」っていうのは、 脂身の多さ云々ではなく、調理法によって決まるのでは?という気がします。

ではでは、次回は、トロトロのとろけるような煮豚ができることを期待して…^^;

『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』、ごちそうさまでした〜。

<<たっぷり入れた刻みネギと、卵のまろやか〜な風味がポイント『豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン)』

いつもより大きめに切った蓮根で、食べ応えアップ!『根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮』>>