たっぷり入れた刻みネギと、卵のまろやか〜な風味がポイント『豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン)』

この日の手作りごはんは、豆腐のピカタ風。今回は、甘辛く炒めた牛肉をトッピングしてみました。
豆腐のピカタ風:甘辛牛トッピング

豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン):作り方

材料
下ごしらえ〜仕上げ

メインの豆腐は、パックから出してキッチンペーパーに包み、水切りします。 (ペーパーが濡れて、吸水力が無くなったら、新しいのに換える。)
豆腐1丁 豆腐をペーパーに包み、水切りする

薬味ネギは、1束から4筋(すじ)ほどを抜き取り、細かく刻みます。
薬味ネギ 刻みやすいよう、ネギの長さを揃える 小口切りにしたネギ

牛バラの薄切りは、炒めた時にすぐほぐれるよう、大まかに切り分けておきます。
牛肉はバラの薄切りを使用

具の下ごしらえが済んだら、 バター(無ければ他の油でも可)を敷いたフライパンに切った豆腐を並べ、表面を焼いていきます。
さいの目切りにした豆腐を焼く

箸でコロコロ転がしながら焼き色を付け、全体がまんべんなく色づいたら、溶き卵を投入。
豆腐の表面に焼き色をつける 豆腐が色づいたら、溶き卵を流し入れる

入れた卵は、豆腐の周りに絡めます。(作業はスピーディーに!半熟のうちにやらないと、卵がすぐ固まってしまいます。)
卵が半熟のうちに豆腐を絡める 作業は手際よく

で、絡めたものがこちら。これは後で牛肉を乗っけるので、器に移しておきます。
卵をコーティングした豆腐 焼けた豆腐は、器に移しておく

トッピング用の牛肉は、炒めてから砂糖、酒、醤油を加えて味付け。(分量は全て大さじ1づつ。)
フライパンで牛肉を炒める 砂糖

お酒 醤油

あとは、刻んでおいた薬味ネギを加えて混ぜ、それを豆腐の上に乗せれば完成っす。
牛を味付けしたら、刻みネギを投入 ネギと牛肉を、炒めながら和える 炒めた牛を豆腐にかける

では、いただきま〜す。

ピカタは、甘辛風味の牛肉が豆腐によく合っていて美味しいですね。 お肉を豆腐にたっぷり乗せて食べると、美味さ倍増です。 風味付け、彩り添えになっている刻みネギや、豆腐の衣にしている卵も、何気にイイ仕事してます。
豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン)

豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン)、ごちそうさまでした〜。

<<こんにゃく、ちくわ、レンコンなどなど、色々入った『具だくさんのひじき煮』

コッテリした豚バラには、レモンのスライスがよく合う。『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』>>