大根の葉っぱと甜麺醤で作ったソースが技アリ!『枝豆入り練り天と長芋のステーキ』

この日の晩御飯のメインは、枝豆入り練り天と長芋のステーキ。上に乗っかってるのは自家製ソース。 炒めた大根の葉に、甜麺醤(てんめんじゃん)やかつお節を絡めて作りました。
枝豆入り練り天と長芋のステーキ

枝豆入り練り天と長芋のステーキ:作り方

材料

大根の葉入り甜麺醤ソース
練り天と長いものステーキ

トッピング用の甜麺醤ソースを作る

ソースに使う大根の葉っぱは、前回、おでんを作った時にとっておいたもの。 量的にはかなりチビっとしたもんですけど、捨てずに残しておくと、こういう薬味的なものに活用できます。
捨てずに残しておいた大根の葉

葉っぱは、隙間に土が入っていたり、茶色くなってるものが混じってたりするので、 そういうのは取り去って、キレイに洗っておきます。
大根の葉をキレイに洗う

洗った葉っぱは、みじん切りにして小鍋に入れ、小さじ2の甜麺醤と酒少々を絡めながら炒めます。
大根の葉を刻む みじん切りにした大根の葉 小鍋で大根の葉を炒める

仕上げは、1/2パック分のかつお節。鍋の中身がふつふつとし始めたら、上からふりかけて混ぜ込み、火を止めます。 これでソースは出来上がりっす。
味の仕上げはかつお節

枝豆入り練り天と長芋を焼く

枝豆入りの練り天は、特に下ごしらえはいらないので、そのままフライパンに乗せて焼き始めます。
枝豆練り天をフライパンで焼く

で、その間に長芋(約300g)を用意。 洗ってから縦方向にカットした後、1〜1.5cm厚くらいで半月切りにし、皮をむいておきます。
長芋を洗う 洗った長芋を縦に切る

長芋の半月切り 皮をむいた長芋

フライパンで焼いている練り天の方は、4〜5分経ってうっすら焼き色がついたら引っくり返し、 裏も同様に焼いた後、お皿に上げておきます。
焼けた練り天を引っくり返す 両面焼いたらお皿に移す

長芋は、バター(10g)を溶かしたフライパンでソテーにします。
フライパンにバターを溶かす 長芋のバターソテー

5分ほど焼いて片面がこんがり色付いたら、裏面も。裏側はホイルをかぶせて蒸し焼きにします。
焼けた長芋を裏返す 返した後は蒸し焼きに

焼き時間は表同様、だいたい5分くらい。焼き色がついたらホイルをはずし、お皿に盛り付けます。
蒸し焼き時間は5分くらい 焼けた長芋を、練り天の周りに並べる

あとは、先に作っておいた甜麺醤ソースをトッピングすれば出来上がり〜。
大根葉入り自家製ソースをトッピングする

では、いただきま〜す。

甜麺醤のソースは、コクと香ばしさがあって美味しいですね〜。あっさり味の長芋とも相性良しです。
長芋のステーキ

枝豆入りの練り天は、この色合いがイイですね〜。今の時期ならではの「春のおかず」って感じがします。
枝豆入りの練り天

枝豆入り練り天と長芋のステーキ、ごちそうさまでした〜。

<<鍋の後のお残りを有効活用。『大根とコンニャクと厚揚げのおでん』

下ごしらえも簡単で、イカの旨味を丸ごと味わえる『ヒイカの煮物(菜の花添え)』>>