保存版レシピ!『ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風』の超詳しい作り方。

この日の晩御飯は、ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風。
ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風

ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風:作り方

材料(4〜5人前)
調味料

下ごしらえ

まず、水煮のぜんまいをパックから出してザルにあけ、サッと水洗いします。
水煮ぜんまい ぜんまいをサッと水洗いする

ぜんまいは、そのままだとひょろ長くて扱いづらいので、適当な長さになるようザックリ切っておきます。
ぜんまいのザク切り 切ったぜんまいはザルに

糸コンニャクもパックから出して水を切り、少しすすいだ後、ぜんまいとともにザルに入れておきます。
糸こんにゃく 糸コンニャクも水洗い

白ネギは、白いトコだけ2本分。根元を切り落とした後、太めの幅で斜め切りにします。
白ネギ2本 白ネギの斜め切り

玉ネギは、1.5玉分。真ん中で2つに割り、それをざくざくっと半月切りにします。
玉ネギの半月切り

白菜は、外葉の部分を4〜5枚用意。
白菜の外葉

ものによっては土などが付いてる場合があるので、そういうのは洗い流してからザク切りに。
白菜を洗う 白菜のザク切り

エノキ1袋は、根元の石づきを切り落としておきます。
えのきだけ1袋

焼き豆腐は、パックから出して水を切り、12等分のさいの目にカットします。
焼き豆腐 12等分に切った豆腐

板かまぼこは、板から切り離したものを食べやすい厚みにスライス。
板かまぼこ かまぼこを板からはがす かまぼこのスライス

お肉は、牛ロースの薄切り。炒めやすいよう、いくつかの塊に切り分けておきます。
牛ロース肉の薄切り 肉を炒めやすい大きさに切る

調理〜仕上げ

熱したすき焼き鍋にサラダ油を敷き、切った牛肉を並べます。
すき焼き鍋にサラダ油をひく 牛肉を焼き始める

肉は具として存在感を残しておきたいので、ある程度焼き固まるまで触らないようにします。 (ここで混ぜほぐしてしまうと、煮てる間にバラバラになってしまい、 食べる時に「肉無いやん!」なんてことにも^^;)

次は、白ネギと玉ネギを投入。肉もそろそろ焼けてきていると思うので、裏返しておきます。
白ネギと玉ネギを鍋に入れる 肉の表裏を返す

あと、玉ネギ同士が重なっている部分なんかも、箸で突っついてほぐしておくとよいでしょう。
玉ネギを箸でほぐす

という感じで、全体を馴染ませたら、ここで味付け。

調味料の配合は、砂糖が大さじ3、
砂糖

醤油が大さじ4、
醤油

お酒が1/2カップです。
お酒

その後、ザク切りにしておいた白菜や、
ザク切り白菜を鍋に入れる

ぜんまい、糸コンニャク、
ザルに入れといたぜんまいと糸コンニャク すき焼き鍋に入った糸コンニャクとぜんまい

しいたけなどを順に投入。
椎茸を鍋のフチに並べる

ここまで入れたら、味付けが全体に行き渡るよう、具を少し動かしてやります。
鍋の中身を箸でつついて、味を行き渡らせる

そのまま3分ほど煮込んだら味見をして、足りないものがあれば加えます。 今回は、水大さじ2と、麺つゆ大さじ1で味を調節しました。
水大さじ2杯 めんつゆ大さじ1 追加した調味料を具に馴染ませる

すぐ火が通る焼き豆腐や、えのき、かまぼこなどは、この段階で入れます。
さいの目に切った焼き豆腐 ほぐしたエノキだけ 切ったかまぼこ

あとはフタをして、仕上げの煮込み。
フタをして仕上げの煮込み

煮ている途中で何回かフタをあけてみて、火の通り具合を確認。好みのところまで煮えたら完成っす。
すき焼き風鍋

では、いただきま〜す。

すき焼きといえば、やっぱ肉ですわな〜。
ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風

ほんのり甘い煮汁が、肉にしっかりしみててウマ〜。ぜんまいや豆腐と一緒に頬張れば、美味さも格別っす。

ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風、ごちそうさまでした〜。

すき焼き関連のレシピ、『動画版』はこちら。

『ぜんまいのすき焼き風』の作り方 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<火の通りやすい食材を使うのがポイント。サッと煮て、すぐ食べられる『サバ缶と白菜としめじのサッと煮』

朝はやっぱこれだね〜。わかめと豆腐も入った『白菜と薄揚げのお味噌汁』>>