火の通りやすい食材を使うのがポイント。サッと煮て、すぐ食べられる『サバ缶と白菜としめじのサッと煮』

今日の手作りメニューは、サバ缶と白菜としめじのサッと煮。
サバ缶と白菜としめじのサッと煮

使っている材料が、火の通りやすいものばかりなので、短い煮込み時間でもすぐに味が馴染みます。 どちらかというと、作ってすぐ食べるのに向いた煮物ですね。

サバ缶と白菜としめじのサッと煮:作り方

材料(3人前)

まず、鍋に麺つゆ150ccと水150ccを入れ、火にかけます。
ダシと水入りの鍋を火にかける

白菜1/6玉は、芯を切り落としてザク切りにし、
白菜のザク切り 切った白菜はザルに入れておく

ダシが沸騰してきたら、鍋に入れます。
煮汁が沸騰してきたら ザク切りの白菜を入れる

次はサバ缶。身と一緒に汁も全部、鍋の中に入れてしまいます。
サバ味付け サバ缶の中身を全部入れたところ

ぶなしめじは、石づきを切り落とした後、ほぐして投入。
ほぐししめじ しめじを鍋に入れたところ

練り天と紅生姜の天ぷらも、その上からまとめて入れちゃいます。 (天ぷらは、適当なのが無ければ、どちらか一種類でもOKです。)
野菜の練り天 紅生姜の練り天も入れる

最後に、卵を3つ割り入れたら、あとはフタを片掛けにして、一煮立ちさせれば完成です。
生卵3つ フタをして煮込む

卵の火の通り具合は、作る人のお好みで調節して下さい。 我が家は、かため仕上げ。卵を入れて7〜8分煮込んだ後、火を止め、さらに余熱で中までジワジワと火を通す感じかな。
完成したさっと煮

では、いただきま〜す。

煮る時間が短めなので、具がちょうどいい柔らかさに仕上がってますね〜。
サバ缶と白菜としめじのサッと煮

麺つゆと缶詰の煮汁を合わせてあるので、味は少々濃いめ。 ご飯のおかずだけでなく、お酒のアテなんかにも良いと思いますよ。

サバ缶と白菜としめじのサッと煮、ごちそうさまでした〜。

このレシピ、ほぼ同じ内容の動画版がありますので、よければどうぞ〜。

『サバ缶と野菜のサッと煮』の作り方 - YouTube

<<野菜と魚介のエキスが中華鍋の中で一体になり、旨味たっぷり。『とろみ無しの煮込み風八宝菜』

保存版レシピ!『ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風』の超詳しい作り方。>>