炙った薄揚げと、塩ゆでもやしに甘酢がしみてジューシーな味わい。『もやしと薄揚げのゴマ和え』

今日の夕飯の一品は、もやしと薄揚げのゴマ和えっす。
もやしと薄揚げのゴマ和え

もやしと薄揚げのゴマ和え:作り方

使うもやしは、どこのスーパーにでもある普通のもやし。 ヒゲ根をとっておくと、見映えと食感が良くなりますが、面倒ならヒゲ根付きでもOK。そのへんは作る人のお好みで。
もやしの根っこをとる

で、そのもやしは、沸かした鍋で塩ゆでに。(入れる塩は小さじ1杯程度。)
沸いたお湯に塩投入 塩茹で中のもやし

もやしのゆで時間はそんなに長くなくて大丈夫っす。お湯に入れて5分もないくらいかな? グラグラっと沸き始めたら、すぐに湯切りをして、ザルにあげておきましょう。
もやしを鍋でゆでてるところ ゆで終わったもやしはザルに

しばらくおいて、粗熱がとれたら、器に移し、味付け。 調味料の割合は、砂糖と酢がそれぞれ大さじ2杯弱ずつ、醤油が大さじ1です。
もやしを器に移す もやしの味付け

そこに、細く切った薄揚げ(1枚分)と、刻んだ大葉(2〜3枚)を加え、混ぜ合わせます。 薄揚げは、魚焼きグリルや直火などで炙っておくと、風味が香ばしくなって良いですよ。
大葉と炙った薄揚げを刻む 切った揚げと大葉は器へ 全体を混ぜる

仕上げは白ゴマ。大さじ1杯強くらいの量をフライパンで煎り、それを加えれば完成っす。
白ゴマを煎る 煎ったゴマを器に入れる ゴマと具を和える

では、いただきま〜す。

甘酢がしみてジューシーになった薄揚げと、もやしのコンビネーションが抜群でウマ〜。 大葉とゴマの風味がほどよいアクセントになっていて、それがさらに食欲を刺激します。
もやしと薄揚げのゴマ和え

ゴマは、今回のように煎るだけでもよいですが、すったものにすると、さらに風味が増して美味しくなると思います。 その方が具との絡みもよくなりますからね。

もやしと薄揚げのゴマ和え、ごちそうさまでした〜。

ほぼ同じ内容の「動画版レシピ」はこちら。

『もやしと薄揚げのゴマ和え』の作り方 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<まだ早ぇだろとは思いつつも、梅を見に行ってみました。伊丹の緑ヶ丘公園。あと、瑞ケ池・昆陽池も。

咲き始めて間もない甲東梅林と、甲東園駅界隈のちょっとした思い出話>>