焼けた醤油の香ばしい風味が美味!『鶏モモ肉の漬け焼き(味噌&醤油&ヨーグルト)』と、食べ応えありで腹持ちも良さげな『1ボウルマカロニサラダ』

今日の手作りおかずは、『鶏モモ肉の漬け焼き』と、『1ボウルマカロニサラダ』
鶏の漬け焼きと、マカロニサラダ

鶏もも肉の漬け焼きと、1ボウルマカロニサラダ:作り方

漬け焼きにする鶏モモ肉は2枚分。このあと混ぜ込む調味料がよく浸み込むよう、皮の部分をフォークで突いておきます。
鶏の皮をフォークで突く

突いた鶏肉は、調味料とともにビニール袋へ入れてモミモミ。
鶏肉に調味料を揉み込む

調味料の配合は、味噌が大さじ2、醤油が大さじ4、ヨーグルトが大さじ4です。

よーく揉んだら、味を馴染ませるため、袋の口を縛ってしばらく放置。 (だいたい3時間くらいかな?時間がある方は、半日か一日くらいでもよいかと。)
しばらく置いて、鶏と調味料を馴染ませる

鶏はとりあえずこれでおいといて、次は付け合せにする椎茸と長芋の準備を。

椎茸は、石突きの硬いところをキッチンバサミで切った後、そのまま魚焼きグリルへ。
椎茸の石突きを切る 椎茸をグリルで焼く

長芋は、輪切りにしてから皮をむき、フライパンでバター焼きに。
長芋の輪切り フライパンでバターを溶かす こんがり焼けた長芋

片面を焼いて裏返した後、ホイルをかぶせて蒸し焼きにすると、ホッコリした食感になります。
片面焼いた後は、ホイルをかぶせて蒸し焼きに

以上で付け合せ野菜は完成。出来たものは、先にお皿に盛っておきます。
付け合せの長芋と椎茸を、お皿に盛る

次はサラダ。マカロニはゆでて、湯切りをした後、少し冷まして粗熱をとっておきます。 (この写真のように、この時一緒に卵も茹でておくと便利。)
ゆで終わった卵とマカロニ

ボウルにマカロニを入れ、塩とオリーブオイルで味付け。
ボウルにマカロニ投入 塩 オリーブオイル

野菜の具は、キュウリやアボカドなど。キュウリは、1本分を薄く輪切りにして加えます。
キュウリの輪切り 切ったキュウリはボウルへ

アボカドは、丸々1個分を使用。種を取った後、皮をむき、さいの目切りにして入れます。
サラダの具にするアボカド さいの目切りにして、ボウルに加える

ゆで卵は、殻をむいたものを2個。ボウルの中へそのまま入れ、ヘラなどで切り崩しながら、他の具と混ぜ合わせます。
殻をむいたゆで卵2個 ボウルの中で崩しながら混ぜる 卵をサラダに混ぜ込んでるところ

最後はトマト。ザク切りにした半玉分をボウルに入れ、ざっくり混ぜ込みます。サラダはこれで完成〜。
トマトのザク切り 切ったトマトはボウルへ

あとはメインのお肉ですな。 付け合せやらサラダやら作ってる間に、味もそこそこ浸みてるかと思うので、ぼちぼち焼いていきましょう。

漬け込んだお肉はそのまま焼くと焦げやすいので、フライパンにオーブン用のシートを敷いて焼きます。
フライパンにオーブンシートを敷く

焼き方自体は、普通に焼く時と同じ。まず皮を下にしてフライパンに並べ、フタをして蒸し焼きに。火加減は弱火です。
鶏肉は皮の方から焼く 火は弱火で蒸し焼き

そのまま25分ほど蒸し焼きにしたら、フタをあけ、中にたまったお汁を捨てて、鶏肉を裏に返します。
25分ほど焼いた鶏肉 焼けた鶏肉を引っくり返す

そしたら再度フタをして、10分弱ほど蒸し焼きにすれば完成。
再度フタをして、裏面も焼く

焼けたお肉は、食べやすい大きさに切り分けてから、野菜の横に盛り付けましょう。
お皿に盛りつけた鶏肉と野菜

では、いただきま〜す。

鶏もも肉の漬け焼きは、焼けた醤油の香ばしい香りが食欲をそそりますな〜。
鶏モモ肉の漬け焼き

醤油と味噌、合わせて計大さじ6杯分も入れてるから辛いかなと思ったけど、食べてみるとそうでもないっす。 付け合せの野菜がほとんど味付けしてないから、それと一緒に食べるとちょうどイイ感じです。

マカロニサラダは、つぶしたアボカドとゆで卵が具によく絡んで美味しい〜。 食べ応えのある、ほどよいモッタリ感がエエ感じっす。鶏肉の漬け焼きとも相性良し。
マカロニサラダ

鶏モモ肉の漬け焼きと、1ボウルマカロニサラダ、ごちそうさまでした〜。

<<ゴボウを使うのが定番だけど、レンコンでも美味いよ!『レンコンとコンニャクと牛肉の炒め煮』

見た目にも楽しい、梅や桜をモチーフにしたチョコ『ゴンチャロフのSUIRAKU(粋楽)』>>