メークインで作った「なんちゃって大学芋」は、「テリッ」「カリッ」が足りず、ちょっと惜しい感じ。『大学芋風ポテト』

今日は、おやつメニューとして、『大学芋風ポテト』など作ってみましたよ。
大学芋風ポテト

サツマイモの代わりにジャガイモを使った『大学芋風ポテト』:作り方

使うジャガイモは、小ぶりのメークインで、全部で4個。
大学芋にするメークイン

水でキレイに洗った後、一個あたりを4つ切りに。皮はむかずにそのままです。
メークインを切る

切ったものは断面を水洗いして、表面のデンプン質を流しておきます。
切った断面を洗う

洗ったジャガイモは、大さじ3杯程度の油を入れたフライパンで軽く炒めた後、フタをかぶせて蒸し焼きに。 (皮は下にした状態。)
フライパンにサラダ油を敷く 切ったメークインをサッと炒める

ある程度炒めたら、皮を下にして並べる フタをして、メークインを蒸し焼きにする

時々、爪楊枝を刺して焼け具合を確認しつつ、蒸し焼きにすること約10分。 ほぼ中まで火が通ったようなので、フタをあけ、全体に焼き目を付けていきます。
メークインの焼け具合を確認 メークインの全面に焼き目をつける

で、全体がこんな感じでこんがりになったら、キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、芋をお皿に上げておきます。
こんがり焼けたメークイン キッチンペーパーで油を拭き取る 焼けたメークインをお皿に移す

芋が焼けたら、次は飴作り。砂糖大さじ4杯、醤油と酢をそれぞれ小さじ1杯づつフライパンに入れ、弱火で煮溶かします。
砂糖大さじ4杯 醤油小さじ1杯

酢小さじ1杯 煮溶けた飴

しばらく火にかけていると、こんな感じでグツグツと泡だってくるので、そうなったら、すかさず芋を投入。
煮えて泡だった飴 そこにメークインを投入

あとは、飴をまんべんなく絡めれば出来上がりっす。
メークインと飴をまんべんなく絡める

では、いただきま〜す。

醤油入りの甘辛い飴が絡んで美味〜い。お酢がちょびっと入ってるためか、甘さもさっぱりで食べやすいっす。
大学芋風ポテト

でも、大学芋特有の「テリッ」「カリッ」っていう感じが足りないんすよね〜。 やっぱ、あの質感と食感は、揚げた芋でないと出ないもんなんかしら?

メークインで作った大学芋、「ちょっと惜しい」感じではありましたが、これはこれで美味しかったです。 ごちそうさまでした。

<<漢字で書くと白菜。でも、「はくさい」じゃないよ、「しろな」だよ。『しろ菜と薄揚げの玉子とじ』

みりんで出したテリと、濃い目の焼き色がポイント『豚の生姜焼き』&しめじと野菜で具だくさん『焼きビーフン』>>